音楽コラボアプリ「nana」がデジタルレーベル「Nobody Records」を設立、buzzGなどのプロ制作陣と共同楽曲制作でユーザーの夢の出口を創出

音楽コラボアプリ「nana」がデジタルレーベル「Nobody Records」を設立、buzzGなどのプロ制作陣と共同楽曲制作でユーザーの夢の出口を創出

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/06/23

音楽コラボアプリ「nana」を展開するnana musicは、デジタルレーベル「Nobody Records」を設立したことを発表した。nanaユーザーの夢の出口の創出を目的としている。第1弾「スーパーライダー」の配信を6月30日より開始する。

Nobody Recordsは、歌い手の誰しもが潜在的に持っている「有名になりたい」「歌い手になりたい」「みんなから認められたい」などの夢に向かって一歩踏み出すキッカケを支援し、未来を信じるシャイで半熟なクリエイターに光を当てるプロジェクト。

nanaユーザーから歌い手をキャスティングし、プロの音楽家や動画師、絵師が共同でオリジナル曲の制作進行を実施。nanaユーザーから歌い手を世の中に輩出することで、スマホから新しい音楽文化の創造への寄与を目指す。

音楽プロデューサーbuzzGからのコメント

nanaから新レーベルが立ち上がるということで、沢山のまだ見ぬ歌声に出会えるんだろうと思ったらわくわくします。ぜひこれからリリースされていく楽曲を楽しんでください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加