近大・佐藤V弾「積み重ね」二岡超えリーグ新14号

近大・佐藤V弾「積み重ね」二岡超えリーグ新14号

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

近大対関大 タイブレークの11回表近大無死一、二塁、右越え3点本塁打を放つ佐藤(撮影・加藤哉)

<関西学生野球:近大9-7関大>◇第6節第1日◇18日◇ほっともっと神戸

近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)が延長11回タイブレークで決勝の3ランを放ち、元巨人で近大OB二岡智宏と並んでいたリーグ通算記録(82年以降の新リーグ)を更新する14号となった。

佐藤は「勝ちたい、打ちたいの積み重ねで記録を更新した。この記録を更新したいと思ってやったことはないが1試合の中での打ちたいというものの積み重ねですね。これだけ本塁打を打って記録を更新したことはうれしい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加