レンジャーズ・有原、次回登板を回避 右手中指のタコ治療で注射を受ける

レンジャーズ・有原、次回登板を回避 右手中指のタコ治療で注射を受ける

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/05/03
No image

前回登板のレッドソックス戦は3回途中6失点でKOされた有原

◆ 指揮官「回復しない場合はIL入りの可能性も」

レンジャーズは現地時間2日(日本時間3日)、有原航平投手(28)が右手中指にできたタコを治療したため、次回先発予定だった5日(同6日)のツインズ戦登板を回避すると発表した。

球団によると有原は2日に指の注射治療を受け、患部の痛みは緩和されたという。ウッドワード監督は「100%の状態で戻ってきてほしい。回復しない場合は負傷者リスト(IL)に入れる可能性もある」と述べた。

メジャー挑戦1年目の有原は、ここまで6試合に先発し2勝3敗、防御率5.76の成績。4月25日(同26日)のホワイトソックス戦は2回5失点、30日(同5月1日)のレッドソックス戦は3回途中6失点と、直近2登板はいずれも序盤でノックアウトされていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加