「腸が丈夫でない」人の6割が「健康に自信ない」 ヤクルト調査結果

「腸が丈夫でない」人の6割が「健康に自信ない」 ヤクルト調査結果

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/04/06

ヤクルトは2021年4月5日、「ストレス・睡眠と腸の健康意識調査」の結果を発表した。新型コロナウイルス禍とともに迎える新生活に合わせて、日常の悩みや「腸の健康意識」を調査したものだ。「健康のバロメーター」といわれる腸の健康意識と、ストレス・睡眠の悩みの相関関係について分析し、さらに「腸年齢チェックシート」を使って、回答者たちのおおよその腸年齢も測定した。

No image

調査はインターネットで2月12日から22日に行われた。対象は全国の20代~60代の働く男女9400人。

「腸が丈夫」の半数が健康に自信あり

調査によると、ストレス自己採点の全体平均は48.4点。働き盛りの30代(51.9点)・40 代(51.3点)のストレスが平均をやや上回った。50点を超えると、ストレス度が高いとされる。コロナ禍で迎える新年度については、62.2%の人が「例年よりストレスを感じる」と回答している。

睡眠については、52.6%の人が睡眠の悩みがあると回答。睡眠の悩みがある人のストレス度は平均で68.5点と、悩みがない人(30.1点)の2倍以上になっていることがわかった。

「腸の健康」については、63.0%「気になる」としており、腸への関心を見せている。さらに詳しくその内訳を見ると、「腸が丈夫」(26.6%)と答えた回答者の中では、「健康に自信がある」人が50.4%を占めている。ところが、「腸が丈夫ではない」(29.6%)と答えた人の中では、「健康に自信がない」人は61.1%にのぼり、「健康に自信がある」は12.3%にとどまる。腸の丈夫さと回答者自身の健康認識には、明らかな相関関係があるようだ。

腸年齢からみる健康やストレス

「腸年齢チェックシート」は、「食事の時間が不規則」「アルコールを毎日多く飲む」といった質問をもとに、おおよその「腸年齢」を推定する方法。それによると、「実年齢より若い」が全体では27.5%、「実年齢よりやや高い」が38.5%、「腸の老化が進行」が24.7%、「腸はもはや老人」が9.3%となった。

この調査でも、腸と健康の関係がうかがえる結果となった。腸年齢が「実年齢より若い」人の中では、健康に「自信がある」とした人が35.1%、「自信がない」は21.1%。一方で「腸はもはや老人」の人の場合、健康に「自信がある」とした人が18.9%で、「自信がない」は56.0%にのぼった。

腸年齢が若くない人ほど、ストレス度や睡眠の悩みを抱える割合が高いこと、腸年齢が若い人では、睡眠の悩みやストレスが少なく、健康に自信を持つ傾向が強いことがわかる。

近年、腸内細菌などがクローズアップされ、腸と健康の関係が良く知られるようになっているが、今回の調査も、そうした最近の医療研究の成果を裏打ちする結果となった。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加