明浄学院元理事長、21億円申告漏れ 大阪国税局指摘

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/10/16

学校法人明浄学院(大阪府熊取町)をめぐる巨額横領事件で、業務上横領の罪に問われた学院元理事長の大橋美枝子被告(62)が大阪国税局の税務調査を受け、違法に得たとされる21億円の申告漏れを指摘されていたことが16日、関係者への取材で分かった。追徴税額は過少申告加算税を含め約11億円で、すでに修正申告したとみられる。
 大阪国税局は違法性のある収入についても、大橋被告の個人所得に当たると判断したとみられ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加