首位徳島が11試合ぶり黒星...甲府は連続“上位食い”!!最後は10人で逃げ切る

首位徳島が11試合ぶり黒星...甲府は連続“上位食い”!!最後は10人で逃げ切る

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/10/17
No image

[10.17 J2第27節 徳島0-1甲府 鳴門大塚]

J2リーグは17日、第27節を行い、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムでは首位徳島ヴォルティスと6位のヴァンフォーレ甲府が対戦し、甲府が1-0で勝利した。甲府は前節の北九州戦に続いて連続“上位食い”に成功し、暫定5位に浮上。徳島は11試合ぶりの黒星を喫した。

甲府は前線から果敢にプレッシャーをかけ、前半7分にはFWドゥドゥのプレスがGK上福元直人のミスを誘発すると、FW泉澤仁が鋭い右足シュート。決定的な形だったが、GK上福元が決死のセーブで凌いだ。

徳島は前半41分、FKの流れで右後方からDF内田航平が浮き球を入れると、MF河田篤秀が頭で後ろにつなぎ、ファーサイドに飛び込んだFWジエゴが頭で押し込んだ。しかし、オフサイドの判定でノーゴールに覆され、スコアレスで前半を折り返した。

後半立ち上がりは甲府が攻勢を強めるが、GK上福元ら守備陣が水際で防ぐ。徳島は後半12分に2枚替えを敢行し、MF渡井理己とMF鈴木徳真を投入して攻勢を強めた。一進一退の攻防が続いたが、試合を動かしたのは甲府だった。

後半32分、MF宮崎純真の縦パスで右サイドを駆け上がったMF松田力が折り返し、ドゥドゥが右足で押し込んだ。後半42分に2枚目の警告でDF中塩大貴が退場して10人になったが、甲府はそのまま1-0で逃げ切りに成功し、連勝を飾った。

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2020シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●[J2]第27節1日目 スコア速報

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加