キッチンにものが多くても大丈夫。ダイソーや3COINSの「コンパクト化」便利グッズ3つ

キッチンにものが多くても大丈夫。ダイソーや3COINSの「コンパクト化」便利グッズ3つ

  • ESSE-online
  • 更新日:2022/08/06

家族で暮らしているといつの間にかキッチンにものが増え、手狭になってきます。整理収納に詳しいブロガーのフネさんは3つのプチプラグッズを導入して、キッチンの無駄なスペースを一掃。より広く使えるようになったそう。詳しく教えていただきました。

プチプラで「キッチンの無駄なスペース」をなくすコツ3つ

「ものを少なく」は理想だけれど、現実はそうはいかない5人家族のわが家。今回は、ものを少なくできなくても「ものを小さく」「省スペースに」するプチプラグッズを、ダイソーと3COINSから3つご紹介します。

<写真>2Lのペットボトルがこんなに小さくなりました!

No image

賢いグッズを取り入れて、キッチンを広く使う!

1:かさばるプラゴミを小さくしよう

プラスチックゴミを環境のために減らしたいと言えど、スーパーにはプラ包装のものばかりです。その中でも、とくに夏にあふれがちなのがペットボトル。
水筒より清潔で、なくなると出先でもつい買ってしまうこの暑さ。子どもがスポーツなどをするときにも大事な水分、なかなか減らせない。でも、台所を預かる主婦としてはかさばるゴミに頭を悩ませていました。

●Before:足で踏み潰すグッズを使っていた

No image

今まではペットボトルをこのグッズに立てて、足でグシャーッと踏みつぶしていました。簡単なつくりなため押しつぶす板が床と並行にならず、途中で引っかかることが多くストレスも。口を合わせてセットするのも面倒だし、このグッズ自体を置いておくのもスペースを取って邪魔でした。

●After:ペットボトルの空気を抜くグッズでラクちん!

No image

そこで導入したのが、ダイソーのペチャンコポンプ(220円商品)です。

No image

使い方は簡単。握りやすいボール形状の持ち手をつかみ、いろんな飲み口にジャストフィットする吸い口をペットボトルの口に当てたら、エイッエイッとボールを何度か引きます。

No image

すると、ペットボトル内の空気が抜けてペチャンコに。
固くて大きな2Lのペットボトルだと、20回くらいがマックス。ちょっとした運動にもなります。

No image

2Lのペットボトルがこんなに小さくなります

説明文には「圧縮したペットボトルは時間の経過とともに形状が復元されます。圧縮後はフタを装着して保管することをおススメします」と書いてあるのですが、今のところ気になっていないので、フタはつけていません。ゴミ出しの際もその方がラクだと思います。

今後はこのポンプをキッチンの引き出しにしまっておくだけでOK。ゴミも省スペース、グッズも省スペースでキッチンのスペースが広がります。

2:冷凍庫のムダなスペースをなくそう

最近値段が高い野菜。わが家ではまとめ買いしてすぐに切って冷凍しておきます。仕事から帰って時間がないときの夕飯づくりや、ちょっと一品たしたいときに重宝します。
だから冷凍庫はいつもカット野菜がたくさん。カットして残ったニンジンも汁もの用に切っておいたり、ネギは小口切りにして小分け冷凍したり。
そんな小さなカット野菜の保存に便利なのがこちら。

No image

ダイソーのフリーザーバッグのSSサイズ(110円)です。

No image

今まで保存袋はジップロックやイケアのものを使っていましたが、小さいものでもこのサイズ。また、イケアは近くにはないのですぐに買いにいけません。
いつでも行けるダイソーのSSサイズがいちばん小さくて便利。

No image

余った部分をぐるぐる巻き

大きさに余裕がありすぎる保存袋では、袋の余った部分をぐるぐる巻いていました。冷凍庫をあけても見えるのは袋ばかり。立てて収納しても探しにくかったりガサゴソしたり、野菜が下に溜まってしまったり、ストレスでした。

中身に合ったサイズなら立てて保存しても見えやすく、すぐに見つけられるし、暑い夏にはなるべく素早く扉を閉めたいので節約にもなります。

●中身によって保存袋のサイズを使い分ける

・Lサイズ:葉物のカット野菜・キノコミックス(エリンギ・シメジなどをばらして冷凍)
・Mサイズ:ニンジン・ピーマンなどのカット野菜
・Sサイズ:ネギ、青シソなどの薬味・残り野菜の汁もの用カット
こんな風に使い分けています。

お弁当用の残った総菜やまとめてつくった総菜なども、ここへ。箱型の保存容器より保存袋のほうが場所を取りません(冷凍するときは平置きで、凍ったら立てます)。
ちょっとしたことですが、ぴったりサイズの保存袋にすることで冷凍庫や冷蔵庫のスペースが使いやすく、そして広がります。

3:夏によく使うザルが超・省スペースに

3つめは、夏によく使うけどかさばる“ザル”が、超省スペースになるグッズです。
そうめんや冷やし中華だけでなく、麺好きなわが家では年中うどんやパスタにもよく使います。皆さんが使っているそのザルも、いらなくなるかもしれません。

No image

それがこちら。3COINSで買ったクリップ式シリコンザル(550円)です。サイズ:約22cm×7.5cm×5.5cm、耐熱温度:200℃、耐冷温度:-20℃、食洗機OKで、特徴的なのがこの形。

●鍋のフチにクリップではさんで使う、画期的なシリコンザル

No image

シリコンザルの両端に大きなクリップがあるので、鍋のフチに挟んで使います。直径15cmという小さめの鍋で使ってみましたが、シリコン製なので形が変わり、うまく装着できました。

No image

ショートパスタをゆでて静かに湯きり。このままのフライパンにソースを入れて絡めながら温めることもでき、家事の時短にも。
横幅があるので、フライパンでも使えそうです。シリコンなので食洗機もOK。

4:道具を減らせないなら選んでスペースを確保

実際に使っている道具はなかなか捨てられないもの。でも、使うものを選べばキッチンのスペースを広げることができます。
この小さな「選び」を常に意識することによって、キッチンだけでなくどこも「使いやすく・見つけやすく」なります。ぜひ、今後ものを選ぶときの参考にしてくださいね。

非ミニマリスト フネ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加