全仏OP決勝のウラ話。ナダルを窮地から救ったのは日本のアニメ?

全仏OP決勝のウラ話。ナダルを窮地から救ったのは日本のアニメ?

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2020/06/02

本来なら今週行われている予定だった「全仏オープン」。今年は新型コロナウイルスの影響のため9月へ延期となったが、ATP(男子プロテニス協会)が過去の同大会での出来事について振り返っている。今回振り返っているのは、2012年の男子シングルス決勝でのウラ話だ。この時の決勝カードは、ラファエル・ナダル(スペイン)対ノバク・ジョコビッチ(セルビア)。ナダルは当時7度目の優勝を狙っていた。ナダルは序盤ジョコビ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加