ソフトB松本、3発浴び6回10安打5失点「大事な場面での集中力、慎重さが足りなかった」

ソフトB松本、3発浴び6回10安打5失点「大事な場面での集中力、慎重さが足りなかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

◇パ・リーグ ソフトバンク―オリックス(2021年5月2日 京セラドーム)

No image

<オ・ソ9>6回に3点を失いベンチに戻る松本(撮影・後藤 正志)

ソフトバンクの松本裕樹投手(25)が、2日のオリックス戦に先発し6回、3被弾を含む10安打5失点と打ち込まれた。

0―0の5回1死一塁で宗に2ランで先制点を献上。6回無死一塁ではモヤに2ラン、2死で伏見にソロ被弾された。

前回4月25日のロッテ戦では5回0/3、2被弾を含む9安打7失点。2試合で計5被弾と、一発に泣き続けている。「打たれてしまったボールは全部、失投。大事な場面での集中力、慎重さが足りなかった。申し訳ないです」と球団を通じてコメントを絞り出した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加