福岡がC大阪でプレーしたFWブルーノ・メンデス獲得を発表「共に行こうアビスパ福岡!」

福岡がC大阪でプレーしたFWブルーノ・メンデス獲得を発表「共に行こうアビスパ福岡!」

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/01/13
No image

福岡への加入が決まったブルーノ・メンデス [写真]=Jリーグ

アビスパ福岡は13日、2020シーズンまでセレッソ大阪でプレーしたFWブルーノ・メンデスを期限付き移籍で獲得したと発表した。

B・メンデス1994年生まれで現在26歳。グアラニFC(ブラジル)でプロデビューを飾ると、ボタフォゴFC(ブラジル)やアヴァイFC(ブラジル)といった国内クラブやヴィトーリアSC(ポルトガル)などを渡り歩いた。2019シーズンにデポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ)からC大阪に期限付き移籍で加入すると、2シーズンで明治安田生命J1リーグでは48試合に出場し、15得点を記録した。

B・メンデスは加入する福岡の公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「初めまして、Bruno Mendes です。アビスパ福岡のユニホームを着てプレーすることを誇り高く嬉しく思います。今季アビスパ福岡にとって素晴らしい一年になる為に、自分の戦う姿勢を全面に出してチームの力になります。必ずチームが目指す目標を達成しましょう。Vamos Juntos Avispa Fukuoka!(共に行こうアビスパ福岡!)」

#ブルーノメンデス 選手 デポルティーボ マルドナドより期限付き加入のお知らせ】

デポルティーボ マルドナド(ウルグアイ)から #セレッソ大阪 に期限付き移籍していたブルーノ メンデス選手が所属元より期限付き移籍加入🙌

ようこそアビスパへ😀🎉 https://t.co/8kLjZrHFT5 #アビスパ福岡
— アビスパ福岡【公式】 (@AvispaF)
January 13, 2021
from Twitter

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加