堂安律は「1対1のマスター」 フライブルクSDが新戦力に期待「テクニックに優れている」

堂安律は「1対1のマスター」 フライブルクSDが新戦力に期待「テクニックに優れている」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/08/06
No image

フライブルクの日本代表MF堂安律【写真:Getty Images】

ハルテンバッハSDが堂安を称賛「得点力も備えている」

ドイツ1部フライブルクに移籍した日本代表MF堂安律は、現地時間8月6日に敵地でのブンデスリーガ開幕戦でアウクスブルクと対戦する。そのなかで、クレメンス・ハルテンバッハSD(スポーツディレクター)は新たに加わった24歳のレフティーに期待を寄せている。

堂安は今夏、オランダ1部PSVから完全移籍でフライブルクに加入現地時間7月31日に行われたDFBポカール1回戦のカイザースラウテルン戦(2-1)では、同点で迎えた延長後半に直接フリーキック(FK)を決め、チームを勝利に導いた。

8月6日には開幕戦でアウクスブルクと対戦予定。新天地での活躍が期待されるなか、クラブのハルテンバッハSDはオランダのサッカー専門誌「Voetbal International」のインタビューで新戦力の堂安についてコメントしている。

「リツはテクニックに優れ、1対1のマスターで、得点能力も備えている。またゲームに対しても凄まじい量のエネルギーを注ぎ込んでいる」

前回ドイツでプレーした2020-21シーズンには、ビーレフェルトで全34試合に出場して5ゴールの成績を残した堂安。フライブルクでの挑戦にも注目が集まる。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加