井頭愛海“赤鬼風”衣装で登場 『鬼滅の刃』いじりに「違う作品かな?」とツッコミ

井頭愛海“赤鬼風”衣装で登場 『鬼滅の刃』いじりに「違う作品かな?」とツッコミ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/10/17
No image

映画『鬼ガール!!』公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)板垣瑞生、井頭愛海、瀧川元気監督

女優の井頭愛海、俳優の板垣瑞生、瀧川元気監督が17日、都内で行われた映画『鬼ガール!!』公開記念舞台あいさつに登壇した。

【写真】観客と一緒に「鬼ポーズ」をとる井頭愛海&板垣瑞生

本作は、鬼の血が流れる高校生・鬼瓦ももか(井頭)が主人公。ももかは本当の自分を隠す毎日だったが、仲間たちと「映画作り」に夢中に。恋と友情、笑いと涙もある青春模様が描かれる。

作品の設定にちなみ、井頭は赤鬼風の赤い衣装、板垣は青鬼風の青い衣装で登場。役との共通点を聞かれた井頭は「家族構成がとても似ていて、私も幼い弟と妹がいるんです」と告白。するとMCから「(劇中では)鬼になった妹を人間に戻そうと努力しますよね?」と問われると「妹は、もともと鬼の設定なので人間に戻すというのは違う作品かな?」と『鬼滅の刃』の炭治郎と禰豆子の設定のいじりにツッコむ場面も。

さらに、MCから「(板垣演じる)蓮が最後に生み出した“呼吸法”がよかったな~」と感想があがると、瀧川監督は「板垣くんの“イケメンの呼吸法”ね、紅蓮華から始まって…。ってそれ『鬼滅の刃』や!」と大阪人ならではのノリツッコミで、会場を沸かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加