「以前は当ててレフト前という感じのバッターだったけど」藤本監督

「以前は当ててレフト前という感じのバッターだったけど」藤本監督

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/08/06
No image

◆ソフトバンク9-1楽天(6日、ペイペイドーム)

-武田が今季初先発で初勝利。

真っすぐの力があったし、チェンジアップを多めに投げて緩急をうまく使えていた。

-中継ぎから先発に。

大関がこういう形になったので、次どうするかとなった時、武田と松本の名前が挙がった。松本は中継ぎで一番しんどいジョーカー的な仕事をしてもらっているので。

-今後もローテーションの一角として期待。

次回ですね。2回続かないと安心できない。なんとか頑張ってもらってローテーションに入ってくれたらいいと思う。

-川瀬がいい仕事。

最近ずっと打撃の調子がいいので、2番に入れている。きょうは特にいい場面でタイムリー、犠牲フライという形が出た。

-打撃面での成長は。

力強くなってきた。以前は当ててレフト前という感じのバッターだったけど、なってきた。しっかり練習しているということ。

-9カードぶりの勝ち越し。

ほんとに。全然知らなかった。良かったね。頭(カード初戦)を取れば楽になる。3連戦の頭を取ることをこれからも意識してやっていけばいい。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加