佐々木ありさ×濱田龍臣がW主演、桜井亜美の長編映画がクランクアップ

佐々木ありさ×濱田龍臣がW主演、桜井亜美の長編映画がクランクアップ

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2023/01/25

作家の桜井亜美が監督・脚本・編集を担当した新作長編映画「パーフェクト・シェアハウス」が2023年初めにクランクアップを迎えた。

No image

「パーフェクト・シェアハウス」場面写真

すべての画像を見る(全8件)

No image

本作の舞台は、住人にさえ場所を秘密にされたシェアハウス。入居オーディションに合格し、そこでカップルチャンネルを配信する男女4人の関係が、ある事件をきっかけに急速に変質していく。同時に、女性への性暴力や弱者へのモラハラが絶えることのない世界の生きづらさを乗り越えようとする姿が描かれる。

No image

岩井俊二が製作プロデュースを手がけ、全盲の女優として必死に生きるヒロイン・凛役の佐々木ありさ、吃音を持つ元介護士・遣都役の濱田龍臣がダブル主演を務めた。また国際的な人気を誇るアイドル動画配信者・翔に平井亜門、エリート女医・芽衣に於保佐代子が扮したほか、三輪隆、葛堂里奈園山敬介津田寛治も出演している。

佐々木は「役の感情が強く残ってしまう私には、その場面の撮影がかなり辛いものだったが、その後、監督が抱きしめてくれたり、周囲の助けで乗り越えることができた。今の時代、さまざまな暴力やハラスメントに悩んでいる多くの女性たちに、手を差し伸べられる映画になればうれしい」とコメント。濱田は「人間は生き続けるために人間でなくなる瞬間がある、という凛のセリフがとても心に引っかかって、自分はどうなんだろうと深く考えた。何があっても自分が揺らがない遣都をとても尊敬している」と撮影を振り返った。

桜井は「この作品は私自身のある体験がベースになっている。このまま女性の生きにくさ、差別される側の辛さが続いていいはずがない。どこから助けがくるのか、ずっと心の奥にあった問いを突き詰めた時、この映画になった」と話している。

「パーフェクト・シェアハウス」の上映は今夏以降の予定。

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加