戸田恵梨香が「理解し難い」女性に挑む 目の輝きを失っていく姿が衝撃的な『母性』

戸田恵梨香が「理解し難い」女性に挑む 目の輝きを失っていく姿が衝撃的な『母性』

  • Hint-Pot
  • 更新日:2022/11/25
No image

(C)2022映画「母性」製作委員会

子役時代の2000年、NHK連続テレビ小説「オードリー」に出演。その後、俳優としての活動を本格化させ、人気ドラマや映画に次々と登場した戸田恵梨香さん。2019年にはNHK連続テレビ小説「スカーレット」のヒロインを演じました。そうして持ち前の“強さ”を反映させながら、あらゆる役柄を見事に演じている戸田さんですが、今回の主演映画『母性』は「大変だった」と語ったそうです。作品のテーマはタイトル通り、女性にとっては知らずのうちに直面する“難問”といえる「母性」。「演じる者のメンタルをえぐりながら完成した」作品と語る映画ジャーナリストの関口裕子さんに、じっくりと解説していただきました。

◇ ◇ ◇

女性に人気の「イヤミス」とは? ジャンル“女王”の作品を映画化

「イヤミス」とは、「読むと嫌な気分になる、後味の悪いミステリー」とのこと。最初は「そんなミステリー、読む人がいるの?」と思ったが、どうやら逆のようだ。

本来、ミステリー小説には、謎解きの“知”と犯罪が持つおぞましさを意味する“血”がある。だが識者によると、読者層拡大を狙うミステリー界は、徐々におぞましさの“排除”へ向かったそうだ。でもやっぱり“知” と“血”の両方が備わってこそ、ミステリーは魅力的。そう考えるファンと作家によって、ふり幅も大きく復活したのが“イヤミス”と呼ばれる作品群だという。

イヤミスのファンには「女性が多い」と言うのは、あるイヤミス関連編集者。「誰もが密かに抱えている、ドロドロと鬱屈した感情。でもイヤミスを読むと、そんな感情を持つのは自分だけではない」と安心するのだとか。「実生活では、態度や言葉には出さないものの、負の感情があるのは分かるし、他人の不幸は楽しい」のだと、読者の小説に対するリアクションを少しだけ教えてくれた。

そんなイヤミスというジャンルの“女王”と称される作家といえば、湊かなえ。自身は「イヤミスを書こうと意識はしていません。でもこうした嫌な状況を突き抜けたらどうなるかを考えながら書くのは楽しいですね(笑)」と語る。

でも現在(2022年11月24日現在)、アマゾンで「ミステリー・サスペンス・ハードボイルド」ジャンルの第1位が湊かなえの「母性」(新潮文庫刊)である事実を考えれば、確かに“イヤミス”ファン、人の心に潜むダークサイドにじっくりハマりたいと考える人は増えているのかもしれない。

娘を愛せない母に戸田 母に愛されたい娘に永野

その「母性」が、戸田恵梨香、永野芽郁主演、廣木隆一監督で映画化された。映画『母性』は、大きな家の庭で首に縄を括りつけた女子高校生が発見される事件から始まる。その真相を巡り、娘を愛せない母と、母に愛されたい娘が告白する。

同じ出来事を回想しているはずの2人なのだが、話は微妙に食い違っていく。やがて2つの告白がたどり着いたのは正反対の真相。このことが伝える事実とは何か?

No image

(C)2022映画「母性」製作委員会

母親ルミ子を戸田恵梨香が、娘の清佳を永野芽郁が演じる。この話、母娘2人の間では終わらない。ルミ子が娘を愛せないのは、自分自身が娘でいたいから。料理や裁縫に才能を発揮する心優しい母(大地真央)の愛を、一身に受けたいと願っているルミ子。ただルミ子の母は、孫である清佳のことも心から愛している。それがルミ子の気に障るのだ。

外見を姉妹のように母に寄せるルミ子は、母のように誰からも愛されて生きたいと思っている。しかし予想外のことに、ルミ子は夫の義母(高畑淳子)から、強烈な嫌がらせを受けることに。母のように生きたいだけなのにそれが叶わない。ジレンマは娘の清佳に向けられる。

戸田が「本作はすごく大変だった」と語った理由とは

戸田と永野のコンビを、我々は先に警察コメディ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(2021・日本テレビ)で楽しんだ。派出所勤務の新人警官の成長を、永野は軽快に笑いに転じさせた。対する戸田は、ある秘密を抱えながらも後輩の成長を見守る元“やり手”刑事の警官を絶妙な呼吸で演じて、人気を呼んだ。

No image

(C)2022映画「母性」製作委員会

打って変わってシリアスな本作。撮影順番は『母性』の方が先であったため、永野は「ハコヅメ」の撮影を心から楽しむことができたと言っている。本作の永野は母から愛されていないと感じているものの、事態を客観的に見ることができる娘役。家族が間違っていると感じれば、おかしな部分に切り込んでいく“勇気”も持っている。

大変だったのはたぶん戸田だろう。「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズ(フジテレビ系)、「SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」シリーズ(TBS系)、「大恋愛〜僕を忘れる君と」(2018・TBS系)などの大ヒットドラマで演じた役には、どれも自分との共通点を見つけられたと語っていた戸田。そんな彼女の醸す、ある種の“強さ”に我々は魅了されてきた。

そんな戸田にとってルミ子は初の「理解し難く、共感性の薄い女性」の役。「どんな役でも演じることに難しさを感じることはなく、作品に私生活を引っ張られることもないんですが、理解できないと具体化することができないため、時間が必要になるんです。そこには繊細な作業も必要なので、本作はすごく大変でした」と語っている。

これまでの戸田は、コミカルでも、シリアスでも、どんな役にも視聴者が共感点を見つけだせるよう人物造形できた。だからこそ、その接点を見出せないルミ子役は大変だったと思う。母親依存から抜け出せず、現実と妄想のあわいに陥り、目の輝きを失っていくルミ子、いや戸田の姿になおさら我々は衝撃を受けるのだ。

キャスティングはその衝撃も計算の上なのだと思うが、演じる戸田のメンタルは相当なダメージを受けたのではないか? しかも演じるのは大学生から50代くらいまでのルミ子だ。母性とは何かを考えるところまでたどり着くだけでも、極めてつらかったと思う。

重いテーマを演じ切った戸田 ファンなら観ずにはいられない作品に

湊も言うように「女性だからといって子どもを産めば、必ずしも母性が芽生えるわけではない」。是枝裕和監督の『そして父になる』(2013)は、子どもの取り違え事件を経てやっと親の自覚を得た男性の話だが、母親だって生んだだけで母性が湧くわけではない。そこはぜひとも勘違いしてほしくないところだ。

自分はどう思うかはさておきとして、戸田も「母性が芽生えない女性がいたとしてもリアルだと思います」と言う。「そういう現実を前に、もしかすると自死を選ぶ人もいるとしたら、本作がその選択を回避するきっかけになったり、何か救いとなるといいなと思います」と重いテーマを演じ切ったことを前向きに吹っ切ろうとする。

先に行われた東京国際映画祭のレッドカーペットに、永野、廣木監督とともにスタイリッシュなドレスで登場した戸田。ずっと走り続けたので「少し疲れました」と語る。好きなダイビングにも新型コロナウイルスの影響でなかなか行けない日々だという。

この映画を観ると、大切で大好きだという家族、お寿司、自分の時間を満喫して、ぜひ心落ち着くまで休んでほしいものだと思わせられる。演じる者のメンタルをえぐりながら完成した“イヤミス”の映画化。大地真央、高畑淳子の突き抜けた演技も話題になるはず。イヤミス・ファンなら観ずにはいられない出来だと思う。

『母性』大ヒット上映中 配給:ワーナー・ブラザース映画 (C)2022映画「母性」製作委員会

関口 裕子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加