レスターに痛手...右SBのペレイラがアキレス腱断裂で長期離脱、バーンズも開幕戦を欠場へ

レスターに痛手...右SBのペレイラがアキレス腱断裂で長期離脱、バーンズも開幕戦を欠場へ

  • サッカーキング
  • 更新日:2022/08/06
No image

レスターに所属している元ポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが、負傷の影響でシーズン前半戦を欠場することがわかった。5日にクラブを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が明かしている。

ペレイラは7月31日に本拠地の『キング・パワー・スタジアム』で行われたセビージャとのプレシーズンマッチにスタメンで出場した。しかし、同試合で負傷し、前半途中にピッチを後に。状態が心配されていた中、アキレス腱を断裂していたことが判明した。昨シーズンの公式戦24試合に出場して2ゴールをマークしていた右サイドバックの負傷を受け、ロジャーズ監督は「残念ながら、リカルド・ペレイラは最長で6か月の離脱を余儀なくされるだろう」とコメント。シーズン前半戦を欠場する見通しとなった。回復が順調に進めば、2022FIFAワールドカップカタールによる中断期間を終えた年末年始頃の戦列復帰が予想されている。

ロジャーズ監督は「彼はアキレス腱を断裂してしまった。この夏の間、我々のアイデアはサイドバック、特に彼を中心に組み立てられていたんだ。非常に残念な気持ちだ。彼はとても調子が良さそうで、悔しい思いをしているだろう。昨晩に手術を受けた。これから回復して、また強くなって、より良い状態で戻ってくると確信している」と続け、ペレイラの長期離脱を悔やんだ。

また、同じくセビージャとの一戦でイングランド人MFハーヴェイ・バーンズも膝を負傷したという。ロジャーズ監督は「当時はそれほど悪いケガだとは思わなかったが、膝の問題で数週間は休むかもしれない。それ以外、チームは問題ない。ハーヴェイの離脱期間も決して長すぎるものではないだろう」と言及。7日に行われるプレミアリーグ開幕戦のブレントフォード戦は欠場することが決定的となった。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加