TOKIO松岡「本当に"母ちゃん"って感じがした」仲里依紗の変化を指摘!

TOKIO松岡「本当に"母ちゃん"って感じがした」仲里依紗の変化を指摘!

  • COCONUTS
  • 更新日:2021/11/25

11月24日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)では、女優の仲里依紗さんがゲストとして登場。TOKIO・松岡昌宏さんは仲さんの変化を明かし話題を集めました。

No image

(画像:時事通信フォト)

■松岡が仲をエスコート

11/24(水)の #TOKIOカケル#仲里依紗 さんが登場! #仕事に #子育て#YouTube !!😵
そんな仲里依紗さんの #1日のルーティン 大公開✨

話題のYouTubeもご紹介!
まさかの◯◯◯姿に一同驚愕😳!

そして! #アイス早食い対決 ではまさかの結果に!!🍨
勝つのはどっち?!🏆

お見逃しなく! pic.twitter.com/r13VMkRXaL
— 【公式】TOKIOカケル (@tokioxinfo)
November 21, 2021
from Twitter

配信限定「ゲスト&TOKIOのアテンドトーク」では、松岡さんが仲さんを楽屋からスタジオまでエスコート。

仲さんが19歳の時に北海道ロケで一緒になったという松岡さんは、この時、仲さんから「オフ会」という言葉を教わった事を明かします。

また、松岡さんが「色々お変わりになりましたか? この10何年間」と問いかけると、仲さんは「結婚して、子供も8歳になりました」とコメント。

■仲が息子の川柳に感動

番組では仲さんの8歳の息子にアンケートを実施。この中で、「ママをテーマに川柳を作って」というお題にして、仲さんの息子は「なかりいさ ぼくがうまれて おかあさん」と秀逸な一句を詠みます。

息子の一句に仲さんも「こんな事書いたんですか?」と話しウルっときた表情を浮かべます。

また、「仲里依紗ってちゃんと芸名で使ってるところがすごい!」と息子のセンスを大絶賛。

■松岡「本当に”母ちゃん”って感じがした」仲の変化を指摘!

収録終わり、松岡さんは仲さんをスタジオから楽屋へとエスコート。

松岡さんは、「変わらないけど、やっぱ所々に母が出ますね。やっぱお子さんの話する時とか…。俺が勝手に嬉しかったのが女優さんが演じるお母さんじゃなくて、本当に母ちゃんって感じがした」とコメント。

すると、仲さんも「本当にそうですね。めっちゃ母ちゃんです」と松岡さんの意見に共感。

続けて、松岡さんが「明るい元気な派手な母ちゃん」と伝えると、仲さんは「嬉しいです!」と笑みをこぼします。

また、松岡さんが息子の将来の夢を尋ねると仲さんは今は夢がコロコロ変わるとしつつも「レーシングドライバー」と回答。

仲さんによると、息子は映画「ワイルド・スピード」シリーズの大ファンで、その影響を受けてレーシングカーに熱中しているとのこと。

さらに、息子の川柳について仲さんは「ビックリしてこんな事書いてたんだと思って、本当にうちの息子が書いたのかなっていう疑いもありますけど」と、川柳の出来栄えに驚いた事を明かします。

一方で、松岡さんは「作家入れたらああいう風に書けん」と、仲さんの息子のセンスに太鼓判を押します。

今回の放送にはネット上で、「仲里依紗息子やばい。頭の中仙人レベル」「息子さん作 すごい川柳」「息子君、八歳にして客観的にものが見られる子だね」などのコメントが上がっています。

仲さんの息子が母親について詠んだ一句が素敵でしたね。

また、若かりし日の仲さんを知っている松岡さんが変化を指摘する場面も印象的でした。

【番組情報】
TOKIOカケル
https://tver.jp/corner/f0089731

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加