JR九州承認済「流れ星新幹線」「36ぷらす3」の「プラレール」発売

JR九州承認済「流れ星新幹線」「36ぷらす3」の「プラレール」発売

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

タカラトミーは、「プラレール『JR九州 流れ星新幹線』」(JR九州承認済)を10月14日から九州地区の一部店舗で先行販売し、あわせて「プラレール『JR九州787系 36ぷらす3』」(JR九州承認済)も10月14日に発売すると発表した。

JR九州「流れ星新幹線」最初に叶った「願いごと」は? 後日談も

「流れ星新幹線」(800系)は、「輝け! みんなの九州プロジェクト」の一環として、2021年3月14日に鹿児島中央駅から博多駅まで走行し、沿線を照らす光の演出を行った。公募で集められた「願いごと」と流れ星のデザインを車体にラッピングしている。その後、3月15日から5月28日まで、ラッピング新幹線「輝け! みんなの九州」号として運行した。

「プラレール『JR九州 流れ星新幹線』」には「願いごとシール」が付属しており、2両目に願いを書いて貼ることができる仕様に。価格は3,080円。10月14日に九州地区の一部店舗で先行発売され、2021年冬の一般発売を予定している。

「36ぷらす3」は、「九州のすべてが、ぎゅーっと詰まった“走る九州”といえる列車」をコンセプトに、2020年10月から運行開始した、5つのルートで九州7県をめぐる列車。JR九州のD&S(デザイン&ストーリー)列車であり、個性溢れる洗練されたルックスやインテリア、設備も話題となっている。「プラレール『JR九州787系 36ぷらす3』」の価格は2,750円。10月14日に発売される。

木下健児

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加