編集者・安藤夏樹の3つの愛用品

編集者・安藤夏樹の3つの愛用品

  • BRUTUS.jp
  • 更新日:2022/05/14
No image

961号『居住空間学2022』で、11人の方々に愛用のインテリアプロダクトをきいた企画「わたしの愛用品」。本誌ではエリック・ホグランの木製のベッドを紹介してくれた編集者の安藤夏樹さんに、そのほかの愛用品について教えてもらった。

長谷川竹次郎の蓋物

No image

名古屋の金工作家、長谷川竹次郎さんは、僕が最も敬愛する作家の一人。茶の湯の世界では非常に有名な方ですが、その世界観はそれだけにとどまらず、制作範囲はアートピースやアクセサリーなどにまで広がります。

竹次郎さんの凄さは、彼にしかできない、と言われる高い技術力を持ちながら、あえてそれをひけらかすようないわゆる“超絶技巧”に走らないところ。今回の写真の作品は、「蓋物」として中にものを入れられるようになっているのですが、蓋部分の少年と馬は、実は1枚の銀の板を叩き出すだけで作り上げられています。ちょっと信じがたいですよね。別のプロの金工家に聞いてみても、どうやっているか理解できないそうです。

普段はオブジェとして棚に飾っていますが、来客時などに、たまに中にお菓子を入れてお出ししたりしています。一見かわいく、手にすると驚きがある。この蓋物があるだけで、つかみはOKです。

藤森照信のベンチ

No image
No image

基本、夢を持たない人間なのですが、もし一つだけ願いが叶うのなら、藤森照信さんに自宅の設計をして欲しい。そう思っています。仕事でよくお会いする中、ある日、思い切って椅子の制作を依頼してみました。普通ならお受けいただけないのでしょうが、その時はいろいろなことが重なり、「テーブルセットを作ろう」と引き受けてくださいました。

テーブルセットは日頃、事務所の顔として使用していますが、その一部を構成するのがこのベンチ。座面の一部を藤森さんや職人の川本英樹さんと一緒に彫ったこともあり、最も愛着があります。ぼくはいつも端っこの低い背もたれのところに座ります。

テーブルセットには椅子もあるのですが、なぜかついついベンチを選んでしまう。腰までの背もたれが心地よく、いろんな意味でちょうどいいんです。疲れたときにはゴロンと上で横になったりもします。ぼくの宝物です。

吉村順三のJUNZO CHAIR

No image

5年くらい前に知り合いのリサイクルショップで手に入れました。妻が香川出身で、同郷の画家・猪熊弦一郎が大好きになった僕にとって、彼と親交の深かった吉村順三は憧れの建築家の一人です。

10年くらい前からジャパニーズモダンの家具に興味があってコツコツ集めていたこともあり、この椅子を見つけた時は即買いしました。吉村順三の折りたたみ椅子といえば、別のタイプが有名です。このモデルはほとんど資料がなく、詳細を調べようとしましたが、見つけられたのは一冊のムック本に掲載された赤色の個体(座面・背もたれの素材違い)だけでした。

この椅子の良いところは、まず折りたたんだ時に自立するところ。何かにもたせかける必要がありません。肘置きの革の部分を上に引き上げるだけで簡単にたためるのも便利です。晴れた日にはこの椅子をベランダに引っ張り出し、空を眺めながらぼんやりとコーヒーやビールを飲みます。これからの季節はまさにこの椅子の出番です。

profile

安藤夏樹

あんどう・なつき/編集者。〈プレコグ・スタヂオ〉代表。雑誌、ウェブ、書籍の編集などを手がける。得意分野は仏像、古時計、木彫り熊、写真集など。著書に木彫りの熊を扱った『熊彫図鑑』がある。

text: Natsuki Ando

BRUTUS編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加