ベッキー「まさか、子育てに関する賞をもらえるとは」 ペアレンティングアワードママ部門を受賞

ベッキー「まさか、子育てに関する賞をもらえるとは」 ペアレンティングアワードママ部門を受賞

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

「第14回日本ペアレンティングアワード」授賞式に登場した左から寺田明日香、水谷隼、豊田エリー、東原亜希、井上康生、ベッキー、古坂大魔王

タレント、ベッキー(37)が25日、東京・有楽町よみうりホールで行われた子育てのトレンドに貢献した人を表彰する「第14回 ペアレンティングアワード」の授賞式に出席した。

ママ部門で受賞したベッキーは2019年に夫の片岡治大氏(38)と結婚し、昨年3月に長女、今春には第2子が誕生。コロナ禍での出産について「いつ産まれてもいいように、3日に1回PCR検査。陰性だったら分娩台に。陣痛の中、駐車場で待っている旦那さんを(電話で)呼ばなくちゃいけないのは大変でした」と体験談を披露。「まさか、子育てに関する賞をもらえるとは。まだまだ新米で、子育てがうまくできていない自信がある」と謙虚に喜んだ。

夫婦部門には4人の子供を持つ東京五輪柔道日本男子代表・井上康生(43)とタレント、東原亜希(39)、パパ部門に古坂大魔王(48)、ママ部門には柳楽優弥(31)の妻で女優の豊田エリー(32)、スポーツ部門には水谷隼(32)、寺田明日香(31)が輝いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加