<カノキレ最終回>中島健人&小芝風花の“プロポーズ合戦”にファン沸騰!

<カノキレ最終回>中島健人&小芝風花の“プロポーズ合戦”にファン沸騰!

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/09/15
No image

「彼女はキレイだった」第10話より (C)カンテレ

Sexy Zoneの中島健人と小芝風花がダブル主演するドラマ「彼女はキレイだった」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が9月14日に最終回を迎えた。クライマックスは宗介(中島)と愛(小芝)それぞれのプロポーズ。幸せいっぱいのラストにファンから感動の声が上がった。(※以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】エピローグでは宗介と愛の愛娘・澪も登場!ちっちゃくて可愛い!

同作は、2015年に韓国で放送されたドラマの日本版。イケメン“最恐毒舌エリート”長谷部宗介(中島)と幼なじみの残念女子・佐藤愛の初恋の行方を描く。

最終回で描かれたのは“人生を楽しめ”というメッセージ。「ザ・モスト」立て直しの功績が認められた宗介は、アメリカから呼び戻され、新たな雑誌を任されることに。一方愛は、憧れの絵本作家・夏川ちかげ(日高のり子)にアシスタントをしないかと誘われ、憧れの仕事を選ぶか、宗介についてアメリカに行くべきかの間で揺れていた。

久しぶりに再会した樋口にも「人生を楽しめ」と背中を押され、親友の梨沙(佐久間由衣)が自分のやりたいことを見つけて前に進んでいる姿にも勇気をもらった愛は、宗介のもとを訪ねた。

濃厚な「玄関キス」にも興奮の声!

ドアが開くや否や、愛は宗介を壁ドン!「宗介、結婚しよう!私と結婚してください!」となかば強引に思いを伝え、「ただ、もう少しだけ時間をください!」と頭を下げた。

だが、宗介も思いは同じだった。結婚する相手は宗介しかいない、でも、ちかげ先生のところで働きたい。絵本が好きな気持ちを大事にしたい。そう語った愛を優しく見つめ「本当は僕も今日、愛にプロポーズするつもりだった。いつになるかわからなくても、ちゃんと約束したかった」と告白。指輪を乗せた玉ねぎをそっと差し出した。

甘いプロポーズ合戦に、2人の恋を見守ってきた視聴者はうっとり。「愛のプロポーズかっこよすぎた!!」「考えすぎてる宗介にストレートにいっちゃう愛ちゃん最高!」「愛ちゃんの壁ドンも、宗介の指輪サプライズも最高に可愛かった!!」といった声でにぎわい、Twitterでは「#彼女はキレイだった」が国内トレンド1位に。世界トレンドでも上位に食い込むほどの盛り上がりとなった。

プロポーズ合戦でお互いの思いを確かめ合った2人がその後、恋の炎を激しく燃え上がらせる場面にも注目が集まった。宗介の「帰らなきゃダメ?」という甘いささやきを振り切って「もう遅いし…」と部屋を後にした愛だったが、すぐに戻ってきて2人は玄関で激しくキス。ファンからも「玄関キスシーンやばい!!!!」「むさぼるようなチューだった」「セクシーすぎる」の声が上がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加