ダービー敗戦のリバプールにさらなる不安。負傷のヘンダーソンは「良くない」と監督

ダービー敗戦のリバプールにさらなる不安。負傷のヘンダーソンは「良くない」と監督

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/02/21
No image

【写真:Getty Images】

イングランド・プレミアリーグ第25節のリバプール対エバートン戦が現地時間20日に行われ、アウェイのエバートンが2-0で勝利を収めた。さらにリバプールは、イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの負傷離脱の可能性も不安視される状況となっている。

リバプールは今季センターバックに負傷者が相次いでおり、マージーサイドダービーでは最近の数試合に続いて本来中盤のヘンダーソンが最終ラインでプレー。だが前半30分には負傷のためベンチに下がることを余儀なくされた。

ユルゲン・クロップ監督は試合後に、ヘンダーソンの状態について英『スカイ・スポーツ』にコメント。「股間と内転筋の間のあたりの部分だ。良くはない。それが今の状況だ。あとは明日になれば分かるだろう」と、見通しが明るいものではないことを示唆している。

試合は0-2での敗戦に終わり、これでリバプールはリーグ戦4連敗。ホームでのダービーマッチでは21年ぶりの黒星という屈辱を味わい、勝ち点でもエバートンに並ばれてしまった。またホームゲーム4連敗となり、これは1923年以来実に97年ぶりの不名誉記録だという。

リバプールのCB陣はフィルジル・ファン・ダイク、ジョー・ゴメス、ジョエル・マティプ、ファビーニョも離脱中。急造CBを務めていたヘンダーソンも負傷者リストに加わることになってしまうのだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加