大迫勇也所属のブレーメン、2日のDFBポカール準々決勝が延期に...相手指揮官が新型コロナ変異株に感染

大迫勇也所属のブレーメン、2日のDFBポカール準々決勝が延期に...相手指揮官が新型コロナ変異株に感染

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/03/02

ドイツサッカー連盟(DFB)は1日、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンとレーゲンスブルク(ドイツ2部)が対戦する予定だった2日のDFBポカール準々決勝を延期すると発表した。
 DFBポカールで躍進を見せるレーゲンスブルクだが、2月26日にはメルサド・セリムベゴビッチ監督が新型コロナウイルスに感染したことを報告していた。セリムベゴビッチ監督が感染したのは変異株のようで、地元保健局はチーム全体に

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加