坂本龍一がサポートする「東北ユースオーケストラ」が3年ぶりに演奏会を♪

坂本龍一がサポートする「東北ユースオーケストラ」が3年ぶりに演奏会を♪

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/16
No image

音楽家の坂本龍一がサポートする「東北ユースオーケストラ」が3月に岩手、宮城、福島、東京で演奏会を開催する。音楽監督・ピアノに坂本を予定、朗読ゲストに吉永小百合、のんが参加する。

同オーケストラは、2011年3月に発生した東日本大震災から4カ月後の同年7月、坂本が呼びかけた「こどもの音楽再生基金」がきっかけで発足した。楽器関連の復興支援および演奏活動の支援を行うためで、13年に宮城県松島町で開催された「Lucerne Festival ARK NOVA 松島 2013」の際、期間限定の団体として「東北ユースオーケストラ」が結成され、坂本が指揮を務めた。

以降、クラウドファンディングで活動資金を募り定期演奏会を重ねてきたが、新型コロナウイルスが感染拡大する中、19年の演奏会を最後に中断。今回、感染予防対策ガイドラインに沿って、3年ぶりの演奏会開催の運びとなった。今回の演奏会では自然災害の被災地からなる「つながる合唱団」も参加する。坂本は20年の公演で演奏予定だった書き下ろしの新曲「いま時間が傾いて」を世界初演する予定。

日程や料金などの詳細は公演公式サイトで。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加