受験生ら次々切りつけ...“東大前事件”詳細明らかに

受験生ら次々切りつけ...“東大前事件”詳細明らかに

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/01/15
No image

動画を見る(元記事へ)

大学入学共通テスト1日目の15日朝、受験生ら3人が会場である東大キャンパスの近くで高校2年生の少年に刃物で切り付けられ、重軽傷を負いました。少年は「去年から事件を起こそうと考えていた」と供述しています。なぜ犯行に及んだのでしょうか。少年の取り調べが行われている本富士警察署から報告です。

(社会部・藤原妃奈子記者報告)
事件発生時の詳しい状況が分かってきました。

警視庁によりますと、少年は東大前を歩いていた72歳の男性、受験生の少女、少年を順番に刺しました。

その後、近くにいた警備員に持っていた刃渡り15センチの刃物を取り上げられ、東大の門の前に座り込んだということです。

その後、駆け付けた警察官によって少年は身柄を確保されました。

目撃者によりますと、少年は東大の門に倒れ掛かって座り込み、警察官から話を聞かれる様子があるも、無表情で何も答えていなかったということです。

少年はその後、身柄を本富士警察署に移されて現在、取り調べを受けています。

取り調べでは「去年から事件を起こそうと考えていた。勉強がうまくいかず、事件を起こして死のうと思った」などと供述しているということです。

警視庁は詳しい動機を調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加