まるで日本の終わりのよう、オペ中に襲われた大地震|東日本大震災、私が経験したこと#1

まるで日本の終わりのよう、オペ中に襲われた大地震|東日本大震災、私が経験したこと#1

  • ママリ
  • 更新日:2022/09/23

未曾有(みぞう)の大震災となった東日本大震災は当時この国に生きていた人には何かしらの記憶として残っているのではないでしょうか。職場でオペ中に被災したコメダ(@komey3442)さんは、いつもの帰り道、日本が終わりを迎えたかのような光景を目の当たりにします。『東日本大震災、私が経験したこと』第1話をごらんください。※本記事には震災時の様子に関する情報が含まれます。

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

No image

©komey3442

手術を行っている最中の罹災(りさい)。執刀をする側も施術されている側も、本当に気が気ではなかったのではないでしょうか。ひとまずは無事だったものの、渋滞する橋の上で、地鳴りと共に再び大きな揺れに見舞われたコメダさん。

果たして無事に帰宅することはできるのでしょうか。次回に続きます。

▶ 続きとバックナンバーを読む

NAKAMA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加