“古希”三宅裕司、座長公演「80歳までやる」宣言

“古希”三宅裕司、座長公演「80歳までやる」宣言

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/03
No image

俳優の三宅裕司が70歳の誕生日前日となった2日、オンラインイベント「生誕70周年前日祭」を行った。

座長を務める熱海五郎一座の公演「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー〜日米爆笑保障条約〜」(30日〜6月27日=東京・新橋演舞場)に出演する渡辺正行(65)、春風亭昇太(61)、AKB48の横山由依(28)らがお祝いに駆け付けた。イベントでは古希を祝い、出席者が「みやけゆうじ」という文字を使って大喜利を展開したり、“師匠”とあおぐ伊東四朗(83)が電話でサプライズ登場。三宅が70歳から気を付けることを尋ねると、伊東は「健康を優先して、考えてください」と応じた。これに三宅は「伊東さんから教わった言葉で、『健康のためなら命もいらない』というのがあるんですけど」と返して出席者らを笑わせた。

今月末からスタートする公演は、三宅が座長を務める7作目の作品。「一座が何年続くか。80歳までは何とかやりたい。あと10年。10作です。ラスト10作のうちの1作ですので、ぜひ見に来ていただきたい!」と呼びかけた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加