株式市場を席巻する「超成長」スタートアップに注目

株式市場を席巻する「超成長」スタートアップに注目

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2020/10/18
No image

ブライアン・チェスキーの口座残高は、1000ドルにまで減っていた。彼は無職だった。しかも、サンフランシスコで住むアパートメントの家賃は25%も跳ね上がろうとしていた。

窮地に追い詰められたチェスキーは、なんとかお金を稼ぎ出すための「ばかげた」アイディアを試してみた。使っていない寝室にエアーマットレスを3つ置き、開催予定だった会議の参加者に貸し出すことにしたのだ。

チェスキーは簡単なウェブサイトをつくり、エアーベッド&ブレックファストと名付けて宣伝した。この「ばかげた」アイディアに、いまでは300億ドル(約3兆1590億円)の価値がある。ご存知の通りAirbnbは、旅行者に自宅を貸し出すウェブサイトとして大成功を収めている。

わずか12年前に設立されたサイトに、いまや、大手ホテルチェーンのマリオットとヒルトンを合わせたよりも多くの部屋が掲載されているのだ!

スタートアップのAirbnbが、世界で最も成功した2つのホテルチェーンを打ち負かした秘密は何だろうか。

衝撃的と思われるかもしれないニュースを紹介
米国勢調査局の新たなリポートによると、現在、起業家の数は2007年以降で最多のレベルにまで増加している。

何かの間違いではない。パンデミックの真っ只中である今、「新規ビジネスを立ち上げること」は、人々のTo Doリストの上位にあるとは思えないかもしれない。しかし、猛スピードで発展する現代の新技術のおかげで、普通の人が夢の事業を現実化することは、かつてないほど容易になった。

エマージェントリサーチが行った最近の調査によると、米国にはいま、4100万人の起業家がいる。まぎれもなく過去最大の数値だ!

いま起こっていることは、投資家にとって非常に重要だ。先ほど書いたように、歴史上初めて、米国人の誰もが、キッチンのテーブルについたまま、安く手軽にビジネスを立ち上げられるツールを手にしている。

ウェブサイトを運営するのに、もはや高価なサーバーを購入する必要はない。クラウドを使えば、アマゾンやマイクロソフトのスーパーコンピューターを、自前サーバーの数分の1のコストで借りることができる。ショッピファイに月30ドルを支払うだけで、すべてのEコマース需要を処理できる。クレジットカードを受け付けたいならペイパルを使えばいい。法務サービスでさえ、リーガルズーム(LegalZoom)で基礎をカバーできる。どうしようもなく煩雑な売上税法への対応も、アバララ(AVLR)に任せればOKだ。

ほんの数百ドルの投資で、週末の数日でここまで準備できる。そして、ここからが重要なのだが、この現象は、小規模起業家に立ちはだかる障壁を崩しただけではない。経済の上から下まで、個人事業主から株式市場のトップクラスの企業まで浸透しているのだ。

ディスラプティブな新技術により、かつてないスピードで企業の成長が可能になった
数年どころか、時には数か月で、スタートアップが100億ドルの巨人になるかもしれない。要するにAirbnbは、ただディスラプティブな新技術を最大限に活用しただけなのだ。ヒルトンやマリオットとは違い、Airbnbにはホテルの建設も維持も必要ない。

ブライアン・チェスキーと彼の少人数チームは、ただドメイン名を取得し、コンピューターコードを書き、どのスマートフォンからもアクセスできるアプリを作っただけだ。同じことが、市場もっとも急速に成長している企業であるウーバーについても言える。

ウーバーは、起業からわずか2年で、評価額100億ドルにまで成長した。こうした「超成長」を実現できたのは、iPhoneと高速インターネットの普及という、2つの強力な新技術を自在に操ったおかげだ。

驚異的な成長のストーリーは、Airbnbやウーバーだけのものではない。スクエア、スラック、ストライプ、Venmo、インスタグラム、ズーム、ピンタレストといったゲームチェンジャーは、すべてこうして始まった。かれらはみな新しいテクノロジーを駆使して、瞬く間に大規模で強力なビジネスへと成長した。

こうした「超成長」はいま、株式市場にも波及
2020年のできごとを振り返ってみよう。フリーランサー・プラットフォーム「Fiverr」の株価は、ここ数か月で566%も急騰した。遠隔医療のパイオニア「リヴォンゴ」は、1月以降457%のゲインを獲得した。エッジコンピューティングのパイオニアである「Fastly」は、2020年初頭から401%の成長をとげた。

不動産仲介のディスラプターである「レッドフィン」は、ここ数か月で287%の急騰。配達用電気自動車を製造する「ワークホース・グループ(Workhorse Group)」は、2020年に入ってから687%上昇。スマートホーム/セキュリティシステムの「ヴィヴィント」は495%という伸びを記録した。

こうした例は枚挙にいとまがない。重要なのは、いまも毎月数十銘柄が、このような「超成長」を実現していることだ。実際、1月以降に100%以上急騰した銘柄は280を超えている!

こうした超成長銘柄に注目しよう、というのが筆者からのアドバイスだ。これらは間違いなく、現在もっとも期待できる投資先だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加