【競輪】女王・児玉が貫禄星 ガールズGPへ「3連覇目指して練習する」

【競輪】女王・児玉が貫禄星 ガールズGPへ「3連覇目指して練習する」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

2回目のグランプリトライアル優勝を決めた児玉碧衣

「ガールズグランプリトライアル2020」(20日、小倉)

3日目は1~8Rで男子1次予選(2走目)、11、12Rではガールズグランプリトライアルの決勝が行われた。11Rは佐藤水菜(21)=神奈川・114期・L1、12Rは児玉碧衣(25)=福岡・108期・L1=が優勝。この結果により、ガールズグランプリ2020(12月28日・平塚)の出場7人が決定した。

女王がしっかりと力を示した。児玉が人気に応える力強い走りで優勝。「11Rでサトミナ(佐藤)も頑張っていた。いろんなストーリーがあるなって感動した。自分も12Rでいいレースができた」と満足そうに振り返った。

初手は5番手でレースを進め「(尾方)真生とヤナギ(柳原)が踏み合うのは頭に入っていた。ヤナギが真生にふたをしたし、ラッキーと。余裕を持って走れた」と最終1角から満を持して踏み上げ一気のまくりを決めて優勝を飾った。

レース前からガールズグランプリは当確だったが、弾みを付ける優勝。「他の人も誰にも負けたくない気持ちで走る。自分も気を引き締めて、3連覇を目指して練習する」と年末の大一番でも主役の座は譲らない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加