超ワイルドなマツダ新型「CX-50」がめっちゃイイ! 北米で人気上昇のゴツい系SUVは日本で需要アリ?

超ワイルドなマツダ新型「CX-50」がめっちゃイイ! 北米で人気上昇のゴツい系SUVは日本で需要アリ?

  • くるまのニュース
  • 更新日:2021/11/25

北米専用SUV マツダ新型「CX-50」がカッコ良すぎた!

マツダは、北米で販売予定の新型クロスオーバーSUV「CX-50」を2021年11月15日に初公開しました。

近年のマツダ車のデザインは「魂動デザイン」というエレガントなスタイルを取り入れていますが、新型CX-50はアウトドアを意識した力強いスタイルを採用しています。

【画像】黒枠グリルが精悍さ強調! ワイルドすぎるマツダ新型「CX-50」に一目ぼれ!(27枚)

この新型CX-50について、日本のユーザーはどう感じたのでしょうか。SNSでアンケートを実施しました。

No image

北米専用モデルSUV マツダ新型「CX-50」

「新型CX-50についてどう思いますか?」という質問では、「とても良い」が83.7%、「まあまあ良い」が14.3%、「まったく良いと思わない」が2.0%と、じつに98%の回答者が高く評価していることがわかりました。

「アウトドア感が増して今までのCXシリーズにない無骨さを感じた」「スタイリッシュにパワフルさが増した印象」「グリルの縁がメッキじゃないのがいい。他社のデザインが周回遅れに見えるくらい、どこのメーカーにも似ていないマツダデザインがいい感じ」などのほかにも、「これまでのマツダSUVとはひと味違う、ワイルドなデザインに一目ぼれした」というコメントもありました。

オフロードを意識したデザインはもちろん、ルーフに荷物を載せられるルーフラックの装備はパノラマサンルーフを採用するなど、アウトドアアクティビティを楽しむための機能も持ち合わせています。

エンジンは2.5リッターガソリンと2.5リッターターボを搭載。駆動方式は全車「i-ACTIV-AWD」としました。

悪路の走破性を考慮して十分な最低地上高を確保するとともに、オンロードの人馬一体の走りはそのままに、さまざまな路面においても高いコントロール性による安心・安全な走りを実現しているといいます。

次に、「新型CX-50は日本には導入されませんが、もし発売されたら購入したいと思いますか?」という質問では、「購入したい」が71.6%、「購入したいと思わない」が28.4%となり、購入したい人が7割を超えました。

「マツダ車はアウトドアには使いにくいけど、これはいい」「現在CX-5に乗っているがデザインがスマートすぎるのでこんなSUVに乗りたい」など、アウトドアテイストが魅力的という声がある一方、「サイズが大きすぎる」「個人的にはCX-5のほうが好き」「CX-5より価格が高くなりそう」という意見もあり、売れ筋のCX-5と比較する回答者もいました。

なお、CX-5は2021年12月の大幅改良でデザインが変更されるとともに、アウトドアライフを楽しめる「フィールドジャーニー」という特別仕様車が設定されます。

北米で続々登場するワイルド系SUV 日本でも人気が出そう

今回の新型CX-50のように、日本車メーカーが北米専用モデルとしてワイルドなSUVを設定する動きが活発化しています。

スバルは「ウィルダネス」という新シリーズを「アウトバック」と「フォレスター」に設定。タフギアを強調した内外装や、最低地上高のアップ、オフロード用のサスペンションセッティングなどを施したこれらのワイルドなモデルが人気を得ているといいます。

さらにホンダは、悪路走破性を高めた「トレイルスポーツ」という新たな仕様を発表。「CR-V」より大型のSUV「パスポート」に設定し、2021年冬に発売予定です。

No image

北米で販売されるオフロード性能を高めたワイルドなSUV

これについて、「北米ではオフロード走行を意識したワイルドなSUVが数多く登場していますが、日本でも需要があると思いますか?」という質問したところ、「需要がある」(81.2%)が「需要がない」(18.8%)を大きく上回る結果になっています。

需要があると回答した人の意見として、「サイズ(とくに全幅)さえ日本の交通事情や駐車スペース事情にマッチさせればワイルドなSUVの需要は大いにあるはず」「都会派SUVが飽和状態になっている今、実際にオフロードを行くかどうかは関係なく、オフロードも行けますよ!というクルマがこれから求められつつある」という意見があり、1台で街乗りもオフロードも両方こなせるSUVは日本でも受け入れられる可能性がありそうです。

また、「売れないとか需要がないと思う理由を教えてほしい。導入しない各メーカーは本当にユーザーのニーズを把握できてなさすぎる」と、日本に導入されないことを嘆くコメントも見受けられました。

その反面、「どちらかというと日常の使い易さを重視するユーザーが多い印象なので」「日本は狭い道路が多いし駐車場スペースに難あり」など、軽自動車やコンパクトカーといった実用的なモデルが売れている日本では、ワイルドなSUVは不要という意見もありました。

※ ※ ※

新型CX-50に興味を持つ日本のユーザーはかなり多そうですが、残念ながら北米専用車なので、日本で販売されることは現時点ではありません。

ちなみに新型CX-50は、トヨタとの合弁新工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc. (MTMUS)」で2022年1月より生産を開始する初のマツダ車となります。

くるまのニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加