『太陽の子』三浦春馬さんのセリフが胸に突き刺さる

『太陽の子』三浦春馬さんのセリフが胸に突き刺さる

  • クランクイン!
  • 更新日:2020/08/15

国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』より<画像をもっとみる> 国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』が15日に放送され、7月18日に亡くなった三浦春馬さんが出演した。【写真】三浦春馬さんのセリフが胸に突き刺さる『太陽の子』場面カット 第二次世界大戦末期、新型爆弾の開発を海軍から密命された京都大学・物理学研究室の石村修(柳楽優弥)たちは、兵器開発を進めるべきなのか苦悩しながらも研究を続けていく。戦時下

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加