ペリシッチは今季限りでインテル退団か...財政難のクラブは給与減額を要求

ペリシッチは今季限りでインテル退団か...財政難のクラブは給与減額を要求

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/10/14
No image

インテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(32)が、来夏に退団する可能性が高まっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。

【動画】ノイアーも呆然…スタンコビッチが決めた50mダイレクトボレー【インクレディブル・ゴールズ】

ペリシッチは2015年夏にヴォルフスブルクからインテルに加入。2019-20シーズンにはバイエルンに1年間レンタルで移籍していたものの、昨季復帰するとアントニオ・コンテ監督の信頼をつかみ公式戦42試合出場5ゴール5アシストの成績を記録。チームのスクデット獲得に大きく貢献した。

今季も新たに就任したシモーネ・インザーギ監督から信頼を寄せられ、公式戦8試合に出場しているペリシッチだが、インテルとの契約は来夏まで状況となっている。

これまでインテルで公式戦通算213試合出場46ゴール41アシストの成績を残すペリシッチは、依然としてチームで重要な役割を担っているものの、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとクラブ側は契約更新に消極的だという。

インテルはオーナである蘇寧グループが新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け深刻な財政難に陥っており、今夏にはモロッコ代表DFアクラフ・ハキミやベルギー代表FWロメル・ルカクの売却を余儀なくされている。

こうした状況にあるクラブからすると、現在ペリシッチが受け取る年俸500万ユーロ(約6億5000万円)は無視できない金額となっており、更新をするのであれば300万ユーロ(約3億9000万円)までの減額を求めているようだ。

しかし、チームで主軸の立場を担うペリシッチがこの条件を受け入れる可能性は低いと考えられており、クラブと選手どちらかが譲歩しない限り夏の退団は避けられない形となるだろう。

チャンピオンズリーグはWOWOWで独占放送&配信!
>>放送予定や無料トライアルなど詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加