岸川勝也氏 ソフトB・デスパイネは確実に状態上がっているが「強引さ」は捨ててほしい

岸川勝也氏 ソフトB・デスパイネは確実に状態上がっているが「強引さ」は捨ててほしい

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/07

◇パ・リーグ ソフトバンク7-3楽天(2022年8月5日 ペイペイD)

No image

<ソ・楽>笑顔でポーズする松田(左)とデスパイネ(撮影・岡田 丈靖)

【岸川勝也 視点】最初から引っ張りにかかっていたら凡打になっていたかもしれない。5回に貴重な追加点を生んだデスパイネの2ランは外目に狙いをつけていたからこそ打てた1本だった。ボールをしっかり呼び込んで、逆らわずに右中間へ運んだ。

初回の先制二塁打もカーブをうまく引きつけて打てていた。状態は確実に上がってきている。ただ、懸念が残ったのは8回の打席内容。初球から3球続けてインコースを攻められ、最後は三ゴロに倒れた。捕手・炭谷がこのカード残り2戦を見据え、内角を意識させようとしていた。引っ張りにかかれば相手の思うつぼで、強引さは捨てて臨んでほしい。

打線全体としては7点を奪ったが、2回に無死一、三塁から追加点が取れなかったように課題は残った。首位に再浮上するためには相手に隙を与えない試合運びが重要だ。(本紙評論家)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加