山梨住宅全焼で2人死亡 遺体から刺し傷のような痕

山梨住宅全焼で2人死亡 遺体から刺し傷のような痕

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/10/14
No image

動画を見る(元記事へ)

甲府市の住宅が燃え、50代の夫婦とみられる2人の遺体が見つかった事件で、遺体に刺し傷のような痕があったことが分かりました。

12日午前3時半ごろ、甲府市の住宅が全焼し、この家に住む井上盛司さんと、妻とみられる2人の遺体が見つかりました。

警察は火事の直前に井上さんの10代の次女を凶器で殴ってけがをさせた疑いで甲府市に住む19歳の少年を逮捕しました。

その後の捜査関係者への取材で、焼け跡から見つかった遺体には刺し傷のような痕があったことが新たに分かりました。

少年は逃走後、山梨県身延町の駐在所に「人を殺してしまった」と出頭していて、警察は面識があった長女との関係や動機について調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加