女子駅伝で靴脱げるハプニング発生 三井住友海上・片貝が靴下のまま4キロ超を力走

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/24

「全日本実業団対抗女子駅伝」(22日、宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間=42・195キロ)

3区(10・9キロ)でアクシデントが発生した。

9位でタスキを受けた片貝洋美(三井住友海上)だったが、6キロ付近でシューズが一足ずつ脱げるハプニング。それでも残り4キロ超、両足ともに靴下で力走した。9位から14位まで順位は落としたが、懸命にタスキはつないだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加