ドリカム・中村正人 開発に携わった猫用ユニットバスに「夢がかなった気分。まさに...」

ドリカム・中村正人 開発に携わった猫用ユニットバスに「夢がかなった気分。まさに...」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/22
No image

猫用ユニットバス「ネコレット」をお披露目した中村正人

DREAMS COME TRUEの中村正人(62)が22日、大和ハウス工業の「愛猫家用新住宅設備オンラインお披露目会」に出席した。中村が発案し、開発に携わった水洗トイレとシャワーが一体型となった業界初の猫用ユニットバス「ネコレット」が、2月22日の“猫の日”にちなみ、お披露目された。

現在3匹の猫を飼育する中村は「多頭飼いだと、オシッコがすごい量になって、給水パッドがびちゃびちゃになって大変。水回りが広がれば広がるほど、お互い苦労する」と説明。自動で水洗されるシステムに「夢がかなった気分。まさに“DREAMS COME TRUE”なネコレットですね」と満面の笑みを浮かべた。

「愛猫家ではなく、猫のバトラー(執事)みたいな感じ。お世話させていただいている。家族が、猫をかわいがる環境を作るのが僕の仕事」と自身のスタンスを明かし、猫の存在に「切っても切れない関係、何にも代えがたい大きな部分を占めている」と語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加