福耳、Awesome City Clubが語る「音楽」と「旅」

福耳、Awesome City Clubが語る「音楽」と「旅」

  • BARKS
  • 更新日:2017/08/18

福耳、8月20日(日)17時からライブ生配信開始!

No image

いよいよフェスシーズン真っ盛り。<FUJI ROCK FESTIVAL '17>、<SANCTUARY 2017>、<JOIN ALIVE 2017>アタリの余韻に浸っている人あり、<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017>、<SUMMER SONIC2017>に思いをはせる人あり、はたまた<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO>への旅の準備、なんていう人も多いかもしれない。

◆<THE LIVE HOUSE> 関連画像&映像

■Airbnbの「おうち」で催される
■<THE LIVE HOUSE>って?

ん? 「旅?」。

昨今のフェスはご存知のように巨大化、<サマソニ>や<SANCTUARY>のように都心から1時間くらいで行けるフェスは珍しい。つまりフェスに旅はつきもの。「<Sunset Live 2017>行きたいんだけど遠いよね。行っちゃえば楽しんだけど……」。そんな輩も多いと思う。

そこでBARKSから提案だ。

「音楽=旅」、音楽も楽しみだけど、旅そのものも楽しんじゃえばいいんじゃない?

そんなところに「空いている部屋や家を貸したい人」と「借りたい人」とをつなぐ“プラットフォーム”Airbnb(エアビーアンドビー)が、気になるライブイベントを実施するというニュースが。その名も<THE LIVE HOUSE>。Airbnbの「おうち」で催される<THE LIVE HOUSE>は、フェス疲れ、およびもっと面白いライブイベントないの!?という音楽フェチ/ライブラバーのための、“うってつけ”の内容となっている。

No image

<THE LIVE HOUSE>のテーマは、「おうちには、派手な照明も質のいい音響もないけれど、気取らずに歌える自由がある。寝っころがって聴く自由がある。いつもと違う景色を見て、地元の人と触れ合って。旅をしたから生まれる音楽。この夏、Airbnbがお届けする新しい旅のカタチ」である。

音楽を観るためだけに旅するのではなく、旅そのもの“も”楽しむ。音楽はもちろん、ホストと呼ばれる「おうち」を貸す側との触れ合いや地元での生活……それらを引っくるめて楽しんじゃえばいいじゃない? それが<THE LIVE HOUSE>なのである。

■フェスみたいに見知らぬ土地での
■コミュニケーションを楽しもう

No image

ここで今一度Airbnbについて紹介しておこう。Airbnbは、世界中の「ゲスト(旅行者)」と、空いている家や部屋を宿泊場所として提供する「ホスト」をつなぐプラットフォームで、実は「宿泊」だけではなく、料理や芸術、時にはアドベンチャーまで、地元をよく知るエキスパートが紹介する「体験」もすることができるのだ。“Airbnb知ってます、単に空いてる部屋を貸してくれるシステムでしょ?”というあなたは間違い。ホストに加え、ゲストと呼ばれる借りる側、それにリスティングと呼ばれる今までの宿泊スタイルとは少し変わった個性あふれる「おうち」、その三者が組み合わさって、Airbnbの面白さが生まれるのだ。

No image

ホストが直接、ゲストをもてなす場合もあるAirbnbでは、時にホストと一緒に作った手料理を食べながら、時に酒を酌み交わしながら、その土地土地の“おいしい”情報を手に入れることができるかもしれない。もちろんホストとともに大好きな音楽を語ることもあるかもしれない。もしかしたらAirbnbで新たに出会った仲間と次なるライブへ行くことになるかもしれない。Airbnbを利用して見知らぬ土地や仲間とのコミュニケーションは、まるでフェスで出会った見知らぬ仲間と音楽談義で盛り上がる楽しさ、そんな体験に似ている気がする。

「何時には何ステージで誰を観て、何時にはあそこでご飯を食べて、何時には何ステージで誰を観て、そして何時にはあそこで仲間と待ち合わせよう」……フェスの間、会場は自分の小さな“街”となる。同様にAirbnbを使って、まるでその街に暮らしているかのように旅を楽しむ。これが “暮らすように旅しよう”というAirbnbのコンセプトだ。

ここでもう一度BARKSから提案だ。

「音楽=旅」、音楽も楽しみだけど、旅そのものも楽しんじゃえばいいんじゃない?

音楽と同様に旅を楽しむ……その模様が疑似体験できるのがこの度Airbnbの「おうち」で行われる<THE LIVE HOUSE>である。8月20日(日)には前作から5年ぶりとなるファン待望のニューシングル「ブライト / Swing Swing Sing」を8月23日(水)にリリースする福耳がライブ配信を、9月4日(月)には新曲入りベストアルバム「Awesome City Club BEST」を8月23日(水)にリリースするAwesome City Clubが香川県のリスティングで3組6名を招いたシークレットライブを敢行する。

今回「音楽と旅」についてBARKSからも出演アーティストへいくつか質問を投げかけ、彼らの「音楽と旅」に関するリアルなコメントをいただけたので次のページで紹介しよう。また、以下のティーザー映像も参考にして自分流の「音楽と旅」の楽しみ方を見つけてみてはいかがだろうか? もちろんAirbnbを使って。

◆アーティストたちが語る「音楽と旅」へ

提供:Airbnb

◆<THE LIVE HOUSE> キャンペーンページ

◆Airbnb オフィシャルサイト

◆福耳 オフィシャルサイト

◆Awesome City Club オフィシャルサイト

■アーティストたちが語る

■「音楽と旅」

No image
No image

Q1.「旅」の中での「音楽」との出会いエピソードについて教えてください。

1994年クリスマスにロンドンでオアシスの「Whatever」を聴いて感動! なので、このストリングスアレンジをしたニック・イングマンに自分の曲のストリングスアレンジをしてもらいました。──杏子(福耳)

旅先でよくストリートライブなんかしている人を見かけると、立ち止まって聴いたりしています。ストリートライブひとつを取っても、その土地ならではの温度感があるなぁと感じたりします。──大橋卓弥(福耳/スキマスイッチ)

ハワイに行ったときになんとなく入った服屋でかかってたラジオから流れてきた音楽に一聴き惚れして、すぐShazamで調べて帰国してCDを買いました。──常田真太郎(福耳/スキマスイッチ)

景色と音楽とのマッチングです。海とラフマニノフがあまりに合わず面白かったり。──さかいゆう(福耳)

国内旅行だとその土地に古くから伝わる民謡などの音楽に出会える。音そのものはもちろんどんな歴史やメッセージがあるかを知ることができる。──松室政哉(福耳)

台湾へ行ったときCDショップに並んだ台湾アーティストのジャケがどれも素敵で、しかも台湾は日本よりCDがリーズナブルなのでついついたくさん買ってしまいました。普段日本じゃジャケ買いなどしないのに!──PORIN(Awesome City Club)

◆ ◆ ◆

「音楽と旅」ってシンクロしてるんだ、と改めて気付かされるアーティストたちのエピソード。アーティストと言わずとも、旅と音楽は直結する。あの旅の時に聴いたあの曲や、偶然入ったお店でかかっていたあの曲……あの時の音楽を聴くと、あの時の旅を思い出す。そんな体験があなたにもあるはずだ。

◆ ◆ ◆

Q2.現在のアーティスト活動に影響を与えた旅のエピソードがあれば教えてください。

バービーボーイズ解散の、1992年のスコットランドへの旅で杏子としてのソロ活動の決意を固めることができました。──杏子(福耳)

ラスベガスにいったときはやっぱりエンターテイメントの街って感じで、すごくたくさん刺激を受けたし、そのエンターテイメント性を自分のコンサートでもいろいろ試したりしています。──大橋卓弥(福耳/スキマスイッチ)

小学生のときに父親のインターハイ撮影に毎年ついていったときのことと、19歳のときにした北海道ツーリングは、多様なものの見方が大事ということを教えてくれたと思います。──常田真太郎(福耳/スキマスイッチ)

バリ島に行ったとき、本当に休まるのは自分より時間感覚が緩い人々と遊んでるときだと思いました。世の中にはいろいろな人、社会があります。今、周りを取り巻く社会や世界や人々の中でベストを尽くしつつ、それが決して全てではないということを知ることはアーティストとしても自由でいることだと思います。──さかいゆう(福耳)

ニューヨークのブロードウェイでミュージカルを見たときに、言葉は分からなくても感動を覚えた。ステージから「観てる人をどうにかして喜ばせたい」という思いが伝わった。これは音楽にも繋がることだと思った。──松室政哉(福耳)

小さい頃から沖縄へ旅行することが多く、よく沖縄民謡のライブを観ていました。特にネーネーズというアーティストが大好きで一緒になって歌い、歌を好きになったきっかけのひとつになったと思います。──PORIN(Awesome City Club)

◆ ◆ ◆

旅でソロ活動の決意を固めたという杏子、旅で感じたエンタテインメントを自身のコンサートで試す大橋、アーティストとして自由でいること旅で学んださかい、と旅で受ける影響はさまざま。もし旅をしていなかったら、どんなアーティストになっていたのか、そんな思いに耽るのも悪くない。

最後におまけ。行ってみたい旅について聞いてみた。今後のあなたの旅の参考になるかも?

◆ ◆ ◆

Q3.国内外問わず、行ってみたい国や街はありますか? また、その理由を教えてください。

久しく行っていないスコットランド! ネッシー探検もまたしたいし。10年以上英語の先生だったCatherineも帰っちゃって、2年くらい会ってないし。
フランスのシャンパーニュ。去年、シャンパンのメゾン見学へ行って仲良くなったメゾンに今年は泊まり込みでぶどう摘みに行きたいなっ!と。それと大分に1週間くらい滞在して、クレイン乗馬クラブに通って馬に乗れるようにしたいです。──杏子(福耳)

ロサンゼルスに行ってみたいです。ロサンゼルスの音楽シーンがとても刺激的だと噂に聞いたので。──大橋卓弥(福耳/スキマスイッチ)

イタリアです。サッカーが好きでイタリアにあるチームが好きなので。イタリアという国の風土や食べ物も好きです。山も好きなのでスイスも行ってみたいですね。──常田真太郎(福耳/スキマスイッチ)

どうしてもってところはなくて、なんとなくイタリアの島。音楽的にはニューヨーク、ロンドン、ジャマイカ、キューバ、インド。──さかいゆう(福耳)

アメリカ。各地のエンタテイメントの本場を肌で感じたい。──松室政哉(福耳)

NY。大学生のとき一度、友達と行ったのですが今改めてもう一度行きたいです。あのとき感じ取りきれなかった、いろんなカルチャーを体感したいです。──PORIN(Awesome City Club)

◆ ◆ ◆

日々の生活に音楽は切り離せない。ましてや旅で出会った“音楽”なら、アーティストのコメントのようにその感動もひとしお。Airbnbでの旅なら、そんな感動に“旅そのものの楽しさ”がプラスされる。次回の旅はAirbnbを利用することで「音楽&旅」ではなく、「音楽=旅」な体験をしていただきたい。

なお、こんなチャンスを逃しては絶対後悔するので何度も言わせてもらう。8月20日(日)の福耳のライブ配信はスキマスイッチの2名、杏子、さかいゆう、松室政哉の4組が訪れるAirbnbのリスティングからライブを<THE LIVE HOUSE>キャンペーンページとBARKS(このページ)などで生配信する。そして、9月4日(月)のAwesome City Clubのシークレットライブでは、なんと3組6名様をご招待というスペシャル企画で、応募はTwitterでAirbnbの公式アカウントをフォローし、ツイートをRTするだけ、となっている。詳しくは、Airbnbの<THE LIVE HOUSE>キャンペーンページをチェックしてほしい。

提供:Airbnb

◆<THE LIVE HOUSE> キャンペーンページ
◆Airbnb オフィシャルサイト
◆福耳 オフィシャルサイト
◆Awesome City Club オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『マインクラフト』ファンイベント「MINECON Earth」開催決定!―世界中から参加可能に
指原P目標は「秋元康超え」 =LOVEデビュー曲MV解禁
キュウソネコカミ、「NO MORE 劣化実写化」の仕様・特典が決定!
ナニワ発“ワラカワアイドル”、LovRAVE(ラブレイブ)がデビュー
「#超wavyでごめんね」の新星ラッパーJP THE WAVY、待望のEP配信決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加