宇野昌磨ブラボー!今季初戦いきなり自己ベスト首位

宇野昌磨ブラボー!今季初戦いきなり自己ベスト首位

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

男子SPで首位に立った宇野昌磨(共同)

<フィギュアスケート:ロンバルディア杯>◇14日◇イタリア・ベルガモ◇男子ショートプログラム(SP)

17年世界選手権2位の宇野昌磨(19=トヨタ自動車)が今季初戦でいきなり104・87点の自己ベストをマークし、トップに立った。

同大会での自己記録104・86点を0・01点上回り「まだまだ足りないところもあるけれど、今の自分としては、これが実力かなと思った。思い描いていた点数と全く同じだった」と振り返った。

1本目のジャンプとなった4回転フリップは少し乱れながらも耐え、4回転トーループ-3回転トーループの連続ジャンプ、トリプルアクセル(3回転半)の成功につなげた。演技後は少し頬を緩め、リンクを出ると周りから「ブラボー」と祝福を受けた。

今季は新プログラムとしてビバルディの四季より「冬」を選択。夏前のアイスショーから、高い完成度で滑ってきた。18年平昌五輪では羽生結弦(ANA)らと金メダル候補に挙げられる。初めての五輪につながるシーズンの本格的な幕開けは、最高の形になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
樋口新葉3回転半へ変更の可能性「頑張ってみます」
本田真凜、シニアデビュー戦で示した“進化” 表現力で高評価並ぶ
坂本花織が帰国、涙の4位から「切り替えました」
オリンピックシーズン開幕!注目選手を総ざらい【シニア女子・前編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加