12月タブレット向け検索エンジンシェア、発表

12月タブレット向け検索エンジンシェア、発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/01/05
No image

Net Applicationsから2018年12月のタブレット検索エンジンシェアが発表された。2018年12月はBaiduとYahoo!がシェアを増やし、Google、Bing、Yandexがシェアを減らした。

タブレットデバイス向きの検索エンジンはシェアがそれほど大きく増減することはなく、通年で横ばいという結果となった。シェアとしては、Googleが常に80%以上を確保して、1位をキープしている。

Baiduは2018年4月および2018年7月にそれぞれ10%を超えるシェアを記録しているが、それ以外の月は10%未満のシェアにとどまっている。しかし、それでも3位のBingと比較して2倍以上のシェアを確保しており、タブレットデバイス向けの検索エンジンとして一定の存在感を示している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オリンパス「OM-D E-M1X」手ぶれ補正すごすぎ
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 3段階に幅の調節が可能なモニタースタンドや2,000円台の多機能ヨーグルトメーカーがお買い得に
言葉の壁が消える日は近い!?文字情報を音声に変換するORCAMの読み上げメガネ『OrCam MyEye 2』
トンガの海底ケーブルが断線して携帯電話もインターネットも使えず...「国家の危機」との声も
LINE Payで決済金額20%還元再び、コンビニやドラッグストアでオトク

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加