メルカリが自転車シェア「メルチャリ」発表 。個人宅も駐輪場に、福岡で27日開始

メルカリが自転車シェア「メルチャリ」発表 。個人宅も駐輪場に、福岡で27日開始

  • Engadget
  • 更新日:2018/02/14
No image

メルカリがシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日より開始します。第1弾の導入都市は福岡市で、対応アプリはiOS版を先行リリースします。

●利用料は4円/1分、自転車は非電動アシスト

「メルチャリ」は、個人が大小問わずポート(駐輪場)を提供できるスタイルのシェアサイクルサービスです。料金は4円/1分で、専用のスマートフォンアプリから、自転車のレンタルから返却までを行うことが可能。また、ポートは地域の民間企業に加えて個人宅や店舗の軒先など、個人が大小問わず提供できるため、いつでもどこでも、乗りたいときに自転車を利用できる点を売りにします。

No image

使い方は、スマートフォンアプリの地図に記載されている専用ポートで自転車を借りて、目的地近くのポートで返却するというシンプルなもの。鍵の解錠はアプリ内のQRコードリーダーで行います。なお、利用にはメルカリIDが必要です。

第一弾の展開都市は福岡市で、博多・天神・ウォーターフロントエリアを中心にポートを展開。サービス開始時点のポート数は50で、自転車は400台以上の設置を予定。また、2018年夏頃までにエリア拡大と、2000台程度の自転車の投入を予定します。

福岡を選定した理由は、2017年よりメルカリのサポート拠点があったことに加え、都市機能がコンパクト・かつ地形が平坦で自転車での移動に適しているため。そんなこともあり、福岡市でサービス展開する自転車は非電動アシスト自転車となります。

●個人が提供して一緒に作っていくシェアサイクル

メルチャリの特徴について、個人の参加があると執行役員兼ソウゾウ代表取締役の松本龍祐氏は語ります。

「個人宅であるとか、自分の空いているスペース、未活用のスペースをチャリのポートとして活用できます」(松本氏)。一般ポートの募集はウェブサイトにて開始するとのこと。

No image

また、シェアサイクルサービスで問題視されるのが放置自転車(ポート以外への長期間駐輪)です。この対策にも個人ユーザーの力を借ります。具体的には、放置自転車を連絡したユーザーには、インセンティブとしてマイルを付与。このマイルはメルカリ内で使えるポイントとも交換できるといいます。

メルカリがシェアサイクルサービスを提供する理由については「オンラインだけでなく、オフライン・リアルな場でもメルカリを使っていただきたい。我々が提供するサービスをさらにに使っていただきたい。その最初の接点としてメルチャリのサービス提供を開始した」(松本氏)と語りました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
OPPO参入でどう変わる?日本のSIMフリー市場の今
電気も水も自給できる卵型ミニハウス「Ecocapsule」はスマホで照明操作も
どこでも壁かけテレビを設置できる「つっぱりTVポール」
高測3Dジャイロ、高音質化技術を搭載したケンウッドのお値打ちAVカーナビ『彩速ナビ TYPE Lシリーズ』
8GBで500万円請求されたツイートが話題に...実は救済措置があるって知ってた?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加