シャープ、さらに使いやすくなったスティック型掃除機「RACTIVE Air」

シャープ、さらに使いやすくなったスティック型掃除機「RACTIVE Air」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/15
No image

シャープは2月15日、スティック型の掃除機「RACTIVE Air(ラクティブ エア)」シリーズの新モデルを発表した。従来モデルと同様、素材に「ドライカーボン」を採用し、業界で最軽量(シャープ調べ)となる1.5kgを実現している。

新モデルでは、ワンタッチで吸い込み口を外せるレバーを手元に取り付けた。さらに、本体に常時取り付けておける「スグトルブラシ」も同梱。手元のレバーを引きながら本体を持ち上げると、吸い込み口が外れる。スグトルブラシを本体に装着しておけば、先端が掃除ブラシとなり、そのまま家具の隙間や壁面などを掃除可能だ。

これにより、家具の隙間を掃除するために、いちいちかがんで吸い込み口を外し、ブラシを付け替えるという手間が減るわけだ。外した吸い込み口のパイプ先端は、倒れず自立する仕組みとなっており、再び吸い込み口を取り付ける場合も、立ったまま行える。

内蔵のモーターも新調。掃除モードは、吸引力が従来モデルの1.3倍となる「フルパワーモード」のほか、「強モード」「弱モード」を用意した。本体サイズはW222×H980×D220mm、重量は1.5kg。集じん容積は0.13L。運転時間は強モードで約8分、弱モードで約30分だ。

パッケージには、バッテリー×1、スグトルブラシ、はたらきノズル、すき間ノズル、クリーニングブラシを同梱し、推定市場価格は税別60,000円前後(EC-AR2SX)。さらに、予備のバッテリーやふとん掃除用のヘッド、「タテヨコ曲がるすき間ノズル」が付属する「EC-AR2SX」も用意。こちらは税別75,000円前後(税別)となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4月からJR東日本の新幹線近距離区間はSuicaやPASMOで乗れるようになるって知ってた?
郊外から東京都心まで......閉店ラッシュの「TSUTAYA」、レンタル実店舗に未来はある?
【大阪オートメッセ2018】さらに戦闘力UP!? 学生が作ったトヨタ「WILL VS」とは!?
大塚家具、資金ショート危機でちらつく「最終局面」...人材流出、荒唐無稽な成長戦略
新規免許取得者の半数がAT限定の日本で今「MT車ブーム」が起きている理由を考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加