【関屋記念】マルターズアポジーがまんまと逃げ切った

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/18

「関屋記念、G3」(13日、新潟)

まさに越後路ひとり旅だ。7番人気のマルターズアポジーがまんまと逃げ切った。

同型もそろっていたが、抜群のスタートからアッサリ主導権を奪うと、終始マイペースのひとり旅。直線に向いてもスピードは衰えることなく、長い直線を悠々と逃げ切った。

1分32秒2のタイムで、2月の小倉大賞典以来の重賞3勝目をゲット。主戦の武士沢友治騎手は「1600メートルでも勝っている馬だけど、このところ2000メートルを中心に使ってきたのがどうかと思っていたが、うまくクリアしてくれた。また違う面を見せてくれて、うれしいですね。真面目過ぎるところのある馬だけど、それがいい感じで競馬につながっている。これからまた相手は強くなるけど、頑張って克服して欲しいですね」とパートナーの走りをたたえた。

2番手を追走した4番人気のウインガニオンが、そのまま2着に流れ込み、3着には5番人気のダノンリバティが入った。1番人気のメートルダールは後方のまま12着に敗れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
稲垣吾郎「ジャニーズ退所の胸中告白」に大反響
「人肉は食べ飽きた」と男が自首した村 住民の3分の1が人肉を口に(南ア)
お湯なしでカップ麺を作るワザ 警視庁のテクニックが話題「ありだよ、あり!」
「20代美女 vs 40代おっさん」臭いのはどっち? 真夏に計測してみた
高校ダンス選手権での準優勝高の圧倒的パフォーマンスに「笑いむせた」と話題に!しかし表現力は圧倒的!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加