東洋大・高橋監督ラストゲーム 監督生活46年間、日本一6回

東洋大・高橋監督ラストゲーム 監督生活46年間、日本一6回

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

46年間にわたり東洋大の監督を務め、東都大学野球1部リーグ最多の542勝、リーグ優勝18回、日本一6回を誇り今季で勇退を表明した高橋昭雄監督(69)が14日、明治神宮野球大会準決勝で日体大に敗れ、ラストゲームとなった。

No image

<東洋大・日体大>ベンチへ戻る東洋大・高橋監督

エース飯田が初戦の富士大戦の打席でスイングした際に右ヒジに違和感を感じ登板できず、主砲の中川は右足ハムストリングを痛め途中出場と万全なチーム状態ではなかった。先発の甲斐野が4回途中で3失点。打線も日体大・松本の前に4安打に抑えられ零封された。

神宮球場には高橋監督の教え子が駆けつけラストゲームを見守り「長い間お疲れさまでしたの言葉しかありません」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ゴリ押し”終了!? 7年連続『紅白』出場のAAA、まさかの落選は「三浦大知に押し出され......」
巨人山口、中日平田...期待を裏切った男たち【ワーストナイン セ・リーグ編】
DeNAナイン FA・大和にラブコール   井納「チームに必要」早くも歓迎ムード!
強心臓が武器の小さな左腕。「ピンチが大好き」西武・野田 昇吾が挑む世界の舞台。
プロ野球「崖っぷち」松坂&村田の再就職先は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加