髪にマストのUVケア剤4選。パサパサ髪は紫外線のせいかも

髪にマストのUVケア剤4選。パサパサ髪は紫外線のせいかも

  • 女子SPA!
  • 更新日:2019/08/23

お盆が過ぎても、まだまだ日差しが痛いですね。一年間で最も紫外線量が多い夏、「お肌に紫外線は大敵」なんて、もう飽きるくらい聞いているかと思います……。でも、みなさん、恐ろしいことに、髪もお肌と同じくらいUVケアが必要って知っていましたか?

No image

写真はイメージです

肌のケアだけでも面倒なのに、髪もだなんてと正直思ってしまいますが、髪のUVケアあなどるなかれ。「髪も肌と同様、若く見られたいならツヤ感がマスト。そしてツヤの大敵が紫外線」。

No image

『悩みがぶっ飛ぶ 50代からのヘア&メイク術』

そう話すのは、年齢を重ね、髪のお悩みが出てきた女性に特化した「えがお美容室」に所属し、『悩みがぶっ飛ぶ50代からのヘア&メイク術』(扶桑社刊)の著者でもある、メイクアップアーティストで美容師の船津有史さん。今回は、そんな若見えのスペシャリストである船津さんに「髪のUVケア」について、教えてもらいました。

◆紫外線でキューティクルにダメージ

「髪の若見えのためには、紫外線の強い春夏はもちろん、営業職などで屋外に出る機会が多い人には一年中ケアしてほしいくらい」と船津さん。

そもそも、なぜ紫外線は髪によくないかというと、たんぱく質を破壊し、乾燥・パサつきといった髪トラブルを起こしてしまうから。また、髪の表面を覆うキューティクルは紫外線を吸収することができないので、紫外線の影響を強く受けてしまうのだそう。

健康的な髪に必要なキューティクルが、紫外線にさらされバシバシ破壊されていっているわけですね。

◆帽子や日傘を使うだけでOK

5000人のシニア女性の髪を見てきたという船津さん曰く、「シニア女性で髪がツヤツヤな人は、10歳近く若く見える」。そう聞くと重い腰を上げなくては…という気持ちになってきますが、そんなに身構えなくても大丈夫なようです。

髪のUVケアは、「帽子をかぶる、日傘をさすだけでOK」。

でも、帽子は苦手、そもそも仕事中に帽子や日傘が使えない、そんな人は、これから紹介する4アイテムを参考にしてみてください。

◆髪に潤いを与えながら紫外線を防止したい人には

「エルジューダ サントリートメントセラム(ミルボン)」¥2,800

No image

「エルジューダ サントリートメントセラム(ミルボン)」¥2,800(画像:ミルボン公式サイトより)

夜にダメージケアをしながら、そのまま翌日のUVカットもできるという便利さが嬉しい「エルジューダ サントリートメントセラム」。さらっとしたオイルタイプで、つけると思わず触りたくなる指通りになります。SPF25・PA+++。

※ちなみに、「SPF」や「PA」は髪ではなく、肌に対しての指標。なので、ここでは頭皮に対しての効果を表しています。

※価格は税抜きです(以下同じ)

◆髪と頭皮を同時にケアしながらさらさら艶髪にしたい人には

「スプリナージュ UVシャワー(アリミノ)」¥1,600

No image

「スプリナージュ UVシャワー(アリミノ)」¥1,600(画像:アリミノ公式サイトより)

こちらは、「肌にも髪にも使える」スキンケアブランドのスプリナージュから発売されているスプレータイプの商品。

No image

スタイリングの仕上げにも使えるほか、天然精油のみで香りづけされた、ほのかなベルガモットとラベンダーの香りもポイントです。SPF50+・PA++++。

さて、ここまでは主にネットで購入できる商品ですが、すぐに欲しい! という方のために、ドラッグストアでも売っている2アイテムも紹介します。

◆さらさらでベタつかない

「ビオレ UV速乾さらさらスプレー(花王)」¥665(編集部調べ)

No image

「ビオレ UV速乾さらさらスプレー(花王)」¥665(編集部調べ)(画像:花王公式サイトより)

商品名通り、このスプレーはとにかく乾くのが早いのが特徴で、使ったあと白くなることもありません。ベタベタしないので、サラッとした使用感が好きな人にオススメです。SPF50+で、全身にも使えてコスパ◎。

◆髪も肌も同時にケアできる

「ラサーナ 海藻UVスプレー(ヤマサキ)」¥1,500

No image

「ラサーナ 海藻UVスプレー(ヤマサキ)」¥1,500(画像:ラサーナ公式サイトより)

肌にやさしく低刺激のUVカット成分と保湿成分を配合。髪はもちろん、メイク・ストッキングの上からでも、使えるのがありがたいです。コンパクトなサイズ感なので、一本鞄に潜ませておいても、いいかもしれません。SPF20・PA++。

髪も紫外線の影響でダメージを受けるだけでなく、折角のカラーリングが色落ちたりします。これからは、出かける前に肌と一緒に髪も一緒に紫外線対策をする習慣をつけていきたいものです。

No image

「えがお写真館・えがお美容室」所属の船津有史さん

<文/女子SPA!編集部 協力/船津有史さん>

【女子SPA!編集部】

ちゃっかり生きる、賢い女性のホンネ情報サイト。SPA!編集部の女性ライターたちが読者目線で情報を提供します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
プリンセス級のかわいさで無視できない...JILL STUARTのホリデーコレクション、限定アイテムがかわいすぎる♡
ピカシュウコラボに、ポール&ジョーのアドベントカレンダーも! 豪華プレゼントつき【2019クリスマスコフレ&限定品速報】
スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は
エスティ ローダーの贅沢コフレ、ジバンシイの限定コスメほか豪華プレゼント多数【2019クリスマスコフレ&限定品速報】
自覚がない不快なニオイを見える化するには
  • このエントリーをはてなブックマークに追加