竹宮ゆゆこ新作の装画を「あげくの果てのカノン」米代恭が担当、書評陣に池澤春菜

竹宮ゆゆこ新作の装画を「あげくの果てのカノン」米代恭が担当、書評陣に池澤春菜

  • コミックナタリー
  • 更新日:2020/02/14

「あげくの果てのカノン」の米代恭が、本日2月14日に発売された竹宮ゆゆこの小説「いいからしばらく黙ってろ!」の装画を手がけた。小説「いいからしばらく黙ってろ!」「とらドラ!」「ゴールデンタイム」などで知られる竹宮の最新作となる本作の主人公は、大学の卒業を迎えた女性・富士。卒業後は親の企業に就職し、そこの社員と結婚して静かに暮らすはずだった彼女の予定は、婚約を破棄されたことで狂ってしまう。地元に戻る

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加