墜落事故機、緊急着陸の要請を聞き入れられずか

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30

コロンビアの山中で28日夜(日本時間29日)に発生した、ブラジル1部シャペコエンセのメンバーを乗せた飛行機が墜落した事故について、飛行機を運航したラミア・ボリビア航空の副操縦士が緊急着陸を要請しながら、メデジンの空港の管制塔は、別な飛行機の着陸を優先したとコロンビアの複数メディアが報じた。副操縦士は電気系統の不調を訴え、必死に緊急着陸を要請したものの、聞き入れられなかったようだと報じている。

またたラミア・ボリビア航空の全容も分かってきた。ブラジルの大手メディア・グローボの取材によると、ラミア・ボリビア航空は、昨年7月に設立されたばかりの小さな航空会社で、チャーター便の運航と輸送を専門にしていたという。アルゼンチン代表も移動に使用しており、バルセロナFWリオネル・メッシも同社の飛行機に乗っていた可能性がある。

ラミア・ボリビア航空は飛行機を3機所有しているが、うち2機は検査中で、唯一、稼働していた1機が墜落したという。同社の関係者は、グローボの取材に「航空機は、ボリビアの政府当局の全ての検査項目をクリアし、完璧な状態だった」と答えた

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!
ニュージーランド首相、「家庭の事情」で辞任へ
戦艦武蔵、“最期”も大和と似ていた? 「第2主砲塔」火薬庫が爆発...Nスペで明らかに
ゾンビ化した母親、エビ反り老夫婦...! ドラッグの恐ろしさを訴える臨死映像3選
16歳少年、浮気相手の男性を斬首 頭部を彼女に届ける(露)

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加