天理・神野 史上33人目の2打席連続弾「まさか入るとは」

天理・神野 史上33人目の2打席連続弾「まさか入るとは」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇第99回全国高校野球選手権大会第6日・2回戦 天理6―0大垣日大(2017年8月13日 甲子園)

No image

<天理・大垣日大>4回1死、天理・神野は左越えに2打席連続となる本塁打を放つ

天理は主砲のバットが火を噴き初戦突破。4番の神野が大会史上33人目となる2打席連続本塁打を放つ活躍を見せた。

神野は2回の第1打席でまず先制の一発。外角のストレートを豪快にバックスクリーン右へと運んだ。続く4回の第2打席は高めのストレートを強振。高々と舞い上がった打球は左中間スタンドへと飛び込んだ。

奈良大会では全試合で打点をマーク。甲子園でもその実力をいかんなく発揮した。神野は1本目の本塁打について「いったという感触はあったが、あそこまで深いところに入るとは思わなかった」とコメント。2本目については「こすった感じ。まさか入るとは思わなかった」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
青森山田のキン肉マン登場/18日高校野球見どころ
西武菊池に球審が2段モーション指摘 辻監督は不満
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
巨人・山口が書類送検 被害者とは示談成立と球団発表
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加