大谷翔平が今オフ渡米なら前代未聞の争奪戦に!? MLB公式サイトが有力5球団特集

大谷翔平が今オフ渡米なら前代未聞の争奪戦に!? MLB公式サイトが有力5球団特集

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/16
No image

日本ハム・大谷翔平【写真:石川加奈子】

ドジャースの大谷獲得はダルビッシュが“キーマン”に?

今オフのメジャー移籍の可能性が浮上している日本ハムの大谷翔平投手。米国でも報道が過熱する中、MLB公式サイトが二刀流右腕の移籍先候補を特集した。

今オフのメジャー移籍が正式に表明されれば、争奪戦は前代未聞の熾烈さとなることが予想され、今回の特集ではあるメジャー球団のGMが「本命は1球団だけではない」と分析したことを紹介。また、すでにドジャースのアンドリュー・フリードマン強化担当責任者、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGM、パドレスのA.J.プレラーGM、マリナーズのジェリー・ディポトGM、レンジャーズのジョン・ダニエルズGMらが来日したことにも触れ、強化担当責任者を日本に派遣する本気度を示したこの5球団を新天地の有力候補として挙げている。

その筆頭で挙げられたのはドジャースだ。「ドジャースのロースターにおけるユウ・ダルビッシュの存在がナ・リーグ西地区の首位のチームにいかにマッチするのか指し示している」と分析。ダルビッシュも今オフ、フリーエージェントとなるが、今回の特集はダルビッシュが移籍した場合、その代役として大谷の獲得が重要となるとする一方、ダルビッシュが残留した場合でも大谷に対してアピールポイントになるとし、いずれにせよ、ドジャースの大谷獲得においてはダルビッシュがキーマンとなるとの論調だ。また、不利になる要素として契約ボーナスを30万ドル(約3300万円)しか出せないという点を挙げている。

2番目に紹介されているのは田中将大投手が所属するヤンキース。球団首脳が札幌ドームの試合を視察していること、来季先発投手陣を整備する必要があることなどを挙げ、「このオフ、ヤンキースは現在のローテーションから3人の投手がいなくなる可能性がある。CC・サバシアとハイメ・ガルシアはフリーエージェントの権利を手にし、マサヒロ・タナカは契約をオプトアウトすることができる」とレポートしている。

マリナーズ、レンジャーズは先発ローテ強化が不可欠

また、パドレスについてはすぐに勝つことができないチーム力と、ドジャースと同様契約ボーナスを最大で30万ドルしか出せないという条件面を不利な要素としつつ、プレラーGMがキーマンになるとレポート。また岩隈久志投手が所属するマリナーズは先発ローテの強化が急務で「投手・大谷」の獲得を切望しているとし、関係者の証言として「シアトルはオオタニがこだわっているという投手と指名打者の役割にオープンな考えを示している」と伝えている。

またレンジャーズについてはダルビッシュが所属した経験が大谷を獲得する上でプラスになると予想し、先発ローテの補強が必要なこと、契約ボーナス金を増やすことに成功していることなどを有利な点として挙げている。

先日は米ヤフー・スポーツでも二刀流右腕の行く末を占う特集が掲載され、「円卓会議:ショウヘイ・オオタニが契約する最良の場所はどこ?」と題された記事では識者が移籍先候補を選出。イチロー外野手や田澤純一投手が所属するマーリンズをはじめ、上原浩治投手が所属する前年度ワールドシリーズ覇者カブス、ツインズ、マリナーズなどの名前が挙げられていた。

加熱の一途を辿りそうな大谷争奪戦。もし今オフのメジャー移籍が正式に表明された際、“和製ベーブ・ルース”を獲得する幸運な球団はどこになるのだろうか。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
後半戦打率は.324、“V字回復”のイチロー来季残留の可能性を地元紙報じる
「145キロの遅球投手」がサイ・ヤング賞2人と、まさかの最多勝争い
ダルビッシュ10勝目届かず、6回途中1失点で今季200K到達も降板後に逆転
44歳目前も変わらぬ“イチロースタイル”にファン称賛「美しい」「レジェンド」
イチロー 9回あと一人の場面で同点打!メッツ守護神から快音響かせる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加