“100円VRゴーグル”の新型「Auggle S2」は子どもから大人まで楽しめる!コンパクトでDMでも発送可能

“100円VRゴーグル”の新型「Auggle S2」は子どもから大人まで楽しめる!コンパクトでDMでも発送可能

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/11/11
No image

最近一気に身近になったVR技術。VRを利用するために高い機器が必要だったのはもう昔の話。大村印刷株式会社が手がけるVRゴーグル「Auggle S」はなんと100円以下というから驚きだ。

・「Auggle S2」、単価100円はそのまま、さらにコンパクトサイズを実現

このたび大村印刷では、同社の紙製VRゴーグル「Auggle S」を改良し、価格はそのままで、さらに進化した新型「Auggle S2(オーグル エス ツー)」の販売をスタートした。昨年4月にリリースされた「Auggle S2」は単価100円(※1)という低価格、かつオリジナルデザインの制作が可能なことから好評で、企業のノベルティやイベント等で活用されてきた。

同社では、「企業からの様々な配布方法のニーズに応えるには?」という観点で再設計をおこない、説明書がなくても直感的に組み立てが可能で、かつレターサイズの封筒にも収まるコンパクトサイズを実現した、改良版の「Auggle S2(オーグル エス ツー)」を開発。

・「Auggle S2」の主な特徴を紹介

「Auggle S2」の特徴を以下に紹介しよう。

1.取扱説明書がなくても直感的に組み立てが可能

No image

レンズを挟んで本体をグルっと巻くだけで完成。ニーズに応じてオリジナルデザインで作成可能なので、広告効果も期待できる。

2.幅広い納品形態に対応。DMとしても使える

サイズ展開は、Sサイズ(125mm×100mm) 、Mサイズ(150mm×135mm) 、Lサイズ(160mm×297mm)。Sサイズはレターサイズの封筒にも収まり、Mサイズはそのままラベルを貼り付けてDMとしても使用できる。

3.没入感を損なうことなく、手帳型のケースに装着したままで閲覧可能

上下左右の視界をしっかり遮ることができる構造。スマートフォンに引っ掛けて使用するので、どんな機種でもケース着用のまま閲覧ができる。

No image

4.1眼レンズなので年齢制限がなく、ARコンテンツの閲覧にも対応

「親子で楽しめる」、「VR酔いが少ない」(※2)と好評価だった1眼レンズをそのまま採用。スマートフォンのカメラを遮らない構造なので、MR(※3)デバイスとしても利用が可能。
(ARコンテンツ提供:ナレッジワークス株式会社)

※1 ロット3,000個の場合
※2 長時間の閲覧は避けること
※3 VRとARが融合した、新しいコンテンツ

同社としては、今後年間300万個の出荷を目指していきたい意向だ。紙製で軽く、ワンコイン100円というお手軽価格で簡単に組み立てられるため、子どもから大人まで誰でも取り扱いがしやすいのも魅力。これなら幅広い人に受け入れられそうだ。

Auggle S2
PR TIMESリリース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
家電アナが大興奮。体温で発電するスマートウォッチは人類が作り出した新たな臓器だ!
YouTubeが広告入りで無料の映画提供を始めた、次はAmazonもか?
冷蔵庫にくっつく理由...それは新iPad Proの磁石の数は102個もあるから
「ポケットモンスター Let’s Go!」対応コントローラー「モンスターボール Plus」を実際に使ってミュウをゲットしてみた
ネット使用中に突然「ウイルスが感染!」 偽画面にだまされない方法はコレだ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加