元世界王者の父持つ畑中建人が初戴冠 7戦7勝7KO「うれしいです」

元世界王者の父持つ畑中建人が初戴冠 7戦7勝7KO「うれしいです」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/10/01
No image

WBC世界フライ級ユース王座に就いた畑中建人=武田テバオーシャンアリーナ

「ボクシング・WBCユース・フライ級王座決定戦」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

畑中ジム・畑中清詞会長(51)の長男、建人(20)=畑中=が、アプリリャント・ルマーパサル(インドネシア)に5回1分56秒TKO勝ち。デビューから無敗の7戦連続KO勝ちで初のベルトを手にした。

元WBC世界スーパーバンタム級王者の父と同じWBCの緑のベルトを手にした建人は「マイナータイトルなので通過点だと思っていたけど、やっぱり獲るとうれしいです」と素直に喜びを口にした。2回に左足、3回に右足がつった状態だったが、終始相手を圧倒し、5回には強烈なワンツーでダウンを奪取。そのままコーナーに追い詰めレフェリーストップとなった。

毎日のように見るのは、父の現役時代を追ったドキュメンタリー番組。「普段は尊敬できないけど、現役時代の映像を見ると、自分も頑張ろうって思う」と笑わせるが、実際は「練習風景とか減量とかキャンプで走っているのとか。会長がやってきたことを見て共通点を見いだしたい」と言う。今の共通点は「会長(父)はボクシングが好き。自分もすごい好き」。父にも負けないボクシング愛で「目標は世界王者」と掲げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田諒太、対戦相手のブラント「小さい」減量も順調
テテ 3―0判定で初戦突破、アロイヤン下す WBSSバンタム級T
井上に敗れたパヤノ「井上は強い。パンチが全く見えてなかった」
井上尚弥 衝撃の初回KO勝ち!世界が驚くWBSS優勝候補の強さ
フジが村田諒太の米V2戦放送、解説は長谷川穂積氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加